記事

裁判のIT化の問題点 訴えを起こす弁護士の視点だけではダメなんだよね

1/2
 現在、かなりの急テンポで裁判のIT化の検討が進められています。
 札幌弁護士会は利用者の視点に立って拙速な導入には慎重であるべきという意見書を出しました。

裁判手続等のIT化について、憲法の原則をふまえ、社会的・経済的弱者や司法過疎地を
切り捨てることなく、充分な検討を求める意見書
」(札幌弁護士会)

 いろいろと問題があるのが、この裁判のIT化です。
裁判手続のIT化に伴う諸問題 拙速に導入することは避けるべき

 ところがネット上では、この札幌弁護士会の意見が評判が悪いようで。

 老害扱いで、自分がITに弱いから反対してんじゃないのかというような論調を聞くと何たる上から目線と思わずにはいられません。FAXの導入に反対した高齢の弁護士の話なんかまで持ち出されてしまうと、ずれているなと思うわけです。

 ネット上で発信している弁護士達は、自分はITに強いと思っているだろうし、真実、強いんだと思います。
 しかも特徴なのは業務的な発想ばかりなんですね。しかも弁護士目線。

何故、敢えて「隣の国」などと表現するのか、蔑視的な表現が気になります。


あわせて読みたい

「司法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。