記事

『けもなれ』には「大人ガッキー」の魅力が、とドラマ評論家


 10月中旬の夜、華やかなゴールドのスカート姿の新垣結衣(30)を発見。ここは松田龍平(35)とW主演中の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の収録現場だ。

 本作の収録は、人の多い街中やオフィスなど、にぎやかなシーンが多い。

「都内の地下鉄駅など一般客がいる中でのロケもあり、生ガッキー見たさに人があふれることがある」(制作会社関係者)というから、衰えぬガッキー人気の高さがうかがえる。

 そんなガッキーも、今年で30歳。ドラマ評論家の成馬零一氏は、大人になった彼女の新たな演技をこう評価する。

「新垣さんは、これまで明るく可愛らしい女性像を多く演じてきました。本人の持っているイメージが反映されたキャラクターを演じるタイプといえます。

 ですが本作は、世間が求めている可愛いガッキー像を、演出部分含めうまく裏切っています。恋愛のみならず労働問題にまで踏み込み、30代女性の生々しい現実を丁寧に描いている。

 可愛いばかりを求められてきた新垣さんにとって、いい作品ですし、今後より評価されていくと思いますね」

『けもなれ』の脚本家は、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS

系)の野木亜紀子氏。大ヒット作を生み出した野木氏の脚本が、「大人ガッキー」をさらに引き出していると、成馬氏は続ける。

「野木亜紀子さんは、過去に『空飛ぶ広報室』(TBS系)、『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)でも新垣さん主演作品を手がけており、タッグを組むのは今回が4作品め。新垣さんの魅力をわかっている方が、ホンを書いているのがよく伝わってきます。

 野木さんは、女優さんの持つイメージを生かしつつ、本人が抱えているであろう悩みまでも描いていくため、演じる側は繊細な表情になります。

『アンナチュラル』(TBS系)の石原さとみさん、『フェイクニュース』(NHK)の北川景子さんも、すごくいい芝居をしていました。女優さんにとって、『出演したい』『脚本を書いてほしい』ような脚本家が野木さんだと思いますね。

 新垣さんには、このドラマを通じて、彼女が持っている可愛さを残したうえで、野木さんが描く、知性的で交渉力のある大人の女性像を演じてほしい。

 自立した女性なんだけど攻撃的にはなりすぎない――、大人のバランス感覚を持った女性を演じる新垣さんを見たいですね」

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  5. 5

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。