記事

イラン、必要量の石油販売可能 欧州諸国に一層の支援要請


[ジュネーブ/ロンドン 6日 ロイター] - イランは6日、米国による圧力にかかわらずイランはこれまで石油を必要なだけ販売できているとの見方を示したほか、米国の制裁に反対する欧州諸国に一層の支援を要請した。

米国は5日、イランの石油や金融部門を中心に経済制裁第2弾を再開した。イランのミサイルや核開発を制限すると共に、中東地域で高まるイランの軍事・政治的影響力を抑える狙い。今後、追加措置を取る可能性があるともけん制した。[nL4N1XG4VI]

タスニム通信によると、ジャハンギリ第1副大統領は「米国人はイランの石油販売をゼロにすると常々言っているが、これまでのところ、我々は必要な量の石油は販売できていると言わざるを得ない」と発言。「米国人はプロパガンダの助けを借りており、現実を見ていない」と述べた。

また米国の制裁リストに掲載された企業の一部の幹部と話をしたが、一部の企業はすでに対応策を策定済みとした。

これとは別に、国営イラン通信によると、イラン中銀のヘンマティ総裁は6日、国内経済を支えるため、各銀行がこれまでの経験を生かして制裁に対処する必要があるとの認識を示した。

こうした中、欧州連合(EU)、仏、独、英などは米国の対応について遺憾した上で、イランと合法的に取引を行う欧州企業を保護する意向を示した。EUはこれまでにイランとの貿易を継続するための特別目的事業体(SPV)の設立を検討している。

イランのサジャドプール外務次官は、SPVについて興味深いとしつつもスピードや効果に欠けると指摘。欧州の中小企業はイラン国内で引き続き「騒ぎもなく」活動しているとした。ザリフ外相はツイッターで、トランプ大統領はいずれイランを尊重するようになると主張した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  3. 3

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  6. 6

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。