記事

misono独立にあった葛藤…周囲の期待と裏腹に歌手業は不振


歌手でタレントのmisono(34)が、デビュー以来16年間所属していた「エイベックス」を10月末に退社。昨年結婚したロックバンドHighsidEのドラムNosuke(29)と新事務所を設立し独立していたと、一部スポーツ紙が報じた。それを受け同社のサイトでは「misono 専属契約終了のお知らせ」として「平成30年10月31日を持ちまして、misonoとの専属契約を終了いたしました」と報告した。

「16年にmisonoはソロで初となる海外ライブを台湾で開催。今年は海外でのチャリティー&ボランティア活動に力を入れると掲げており、話し合ったうえでの円満退社だったようです」(芸能記者)

もともとmisonoは02年に3人組音楽ユニット・day after tomorrowとしてデビュー。姉の倖田來未(35)よりも先にブレークを果たし、05年に同ユニットが活動休止後、06年に歌手としてソロデビューしていた。

ソロデビューした時点で、すでに倖田は歌手としてブレーク。09年には倖田が紅組で紅白に出場した際、ゲスト出演を果たしていた。

「鳴り物入りで売り出した経緯もあり、何とか周囲は再ブレークさせようと『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)などに出演。活動が軌道に乗っていました。それでも本人は歌手活動をあきらめきれず、14年には発売したアルバムが『1万枚売れなかったら今後CDを出さない』と宣言。しかし6,000枚程度しか売れず、それからCDは出していませんでした。周囲の期待の大きさに、彼女自身も悩み抜いたのでしょう。最近は海外に活動の目が向き始め、退社に至ったようです」(レコード会社関係者)

独立で再起を図ることができるのか。ファンは固唾をのんで見守っている。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  10. 10

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。