記事

中国で盛り上がる「北朝鮮観光ブーム」国境都市から1日1000人

北朝鮮に向かう多数の中国人観光客が丹東税関前で列を作っている(デイリーNK)

今年に入って3回開かれた北朝鮮の金正恩党委員長と中国の習近平国家主席の首脳会談。それをきっかけに中国では北朝鮮観光ブームが起きている。国境では、北朝鮮に向かう観光客が長蛇の列を成している。

デイリーNKの対北朝鮮情報筋によると、中国の丹東から北朝鮮の新義州に向かう観光客の数はざっと見て1日1000人ほど。入管には午前9時から列ができ始め、3時間ほどしてようやく解消するほど観光客が多い。

この情報筋は、北朝鮮観光ブームが始まったのは今年8月頃と見ている。一方、米国の北朝鮮ニュース専門サイトのNKニュースは6月としている。いずれも、3回目の中朝首脳会談の後だ。中朝関係改善の兆しが見えたことで、北朝鮮旅行への関心がぐっと高まったという。

(参考記事:実は近くて普通に行ける、北朝鮮旅行

北朝鮮は、国際社会の制裁に抵触しない手頃な外貨稼ぎの手段として観光業に力を入れてきた。観光客誘致の最大のターゲットとなっているのが、国境を接する中国だ。

(参考記事:北朝鮮、「観光客100万人誘致を目指せ!」 観光活性化に特大級の大風呂敷

核実験を繰り返す北朝鮮に業を煮やした中国は昨年までに、北朝鮮ツアー大手と言われる丹東中国国際旅行社の総経理を逮捕し、各旅行会社に北朝鮮ツアーの取り扱い中止を指示するなど、非公式の独自制裁を行っていた。

(参考記事:中国当局が旅行会社社長を逮捕か…北朝鮮観光の最大手、制裁の一環?

しかし今や、丹東中国国際旅行社も北朝鮮ツアーの取り扱いを再開。新義州日帰りツアーを790元(約1万2800円)、平壌、開城、妙香山、元山、金剛山を巡る5日間ツアーを3400元(約5万5000円)で販売している。丹東発のウラジオストク3日間のツアーが1000元(約1万6200円)、日本やタイの6日間ツアーが2000元台(約3万2400円)であることを考えるとかなり割高だ。

北朝鮮ツアーは丹東発のみならず、北朝鮮との国境に面した吉林省の集安、長白、図們発のものも存在する。最も安い図們から咸鏡北道(ハムギョンブクト)の南陽(ナミャン)を訪れる半日ツアーは、参加費用288元(約4700円)だ。

北朝鮮当局はさらなる観光客の誘致のために、江原道(カンウォンド)に観光リゾート「元山葛麻(ウォンサンカルマ)海岸観光地区」の建設を進めているが、無理な工事のせいで多数の労災死亡事故が起きていると伝えられている。

(参考記事:金正恩氏が公開「7000人死亡」リゾートの現場写真

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  6. 6

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    Uber配達員に優しいインド料理店 ラッシーを奢ってくれる店も

    キャリコネニュース

    10月23日 10:42

  9. 9

    長期的に安定している日本の政治 カギは「与党内野党」の役割を担ってきた公明党

    WEB第三文明

    10月23日 14:36

  10. 10

    飲食店のネット予約数が大幅増 コロナ流行前の水準に回復

    ABEMA TIMES

    10月23日 16:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。