記事

トヨタ自動車が国内メーカー初の「クルマ定額乗り放題」 来年から

笠原光

・トヨタが国内勢初のクルマ定額乗り放題サービスを発表
・2019年初頭の開始目指し、月額料金など詳細は検討中
・サービスの背景に「若者のクルマ離れ」への危機感

トヨタ自動車は、一定の月額利用料を払うサブスクリプション方式で、乗りたいクルマを自由に乗り継げる個人向けサービス「KINTO」を2019年初めをめどに開始する。当初は東京地区の販売店でトライアルを実施する予定。類似のサービスはポルシェやBMW、メルセデス・ベンツらが主に海外で展開しているが、国内メーカーでは初の試みだ。

[画像をブログで見る]

同社の豊田章男社長は本サービスについて、「クルマが欲しくなったら簡単にクルマライフをスタートし、違うクルマに乗りたくなったら乗り換え、不要になったら返却する。必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる、まさに『筋斗雲』のように使っていただきたいと考え、『KINTO』と名付けた」と話している。

KINTOは、月額換算では車を普通に購入するよりも割高になる見込みだが、毎月の支払いに税金や保険、車両のメンテナンス等も含めて一定料金とすることで、利用開始のハードルを下げる。利用料金や選択できる車種などが未定で、詳細は検討中というが、「気軽に申し込め、クルマを自由に選べる」サービスになるという。

背景には、若い世代ほど所得が不利になる環境が続いたことや、ライフスタイルが多様化するなかで、クルマが昔ほど消費の優先順位を維持できなかった、いわゆる「若者の車離れ」と表現される国内新車販売の低迷と先細り懸念がある。

実際、新車の国内販売台数はここ十年来、およそ500万台前後で頭打ちになっており、一方で車を所有しないカーシェアリングの会員数は急成長し、2018年には130万人を超えたという調査がある。

月額利用料の負担感をどれだけ引き下げられるかが、最初の課題になりそうだ。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  4. 4

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  9. 9

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。