記事

ブラック職場"国会議員秘書"の異常な世界

1/2
議員秘書155名を対象に実施したストレスチェックでは、、産業医との面談が推奨される高ストレス者が23%と、一般企業の2倍ほどの結果に。それでも活躍する人は何が違うのか――。

(※写真はイメージです 写真=iStock.com/Mari05)

議員や後援会からの理不尽な要求、休日出勤を含む長時間労働、不安定な雇用や報酬……。国会議員秘書は、まさに「ブラック」というほかない職場環境で日々働いている。そんなストレスフルな職場でも、潰れずに出世していく人はどこが違うのか。ストレス・マネジメント研究者の舟木彩乃氏は「生き残る人は『首尾一貫感覚』をもっている」という――。

※本稿は、舟木彩乃『「首尾一貫感覚」で心を強くする』(小学館新書)の一部を再編集したものです。

■ストレス研究のテーマとしての「国会議員秘書」

世の中には数えきれないほどの職業があり、ストレスの多い仕事もたくさんあります。いわゆる「ブラック企業」や「ブラック職場」と呼ばれるように、会社ごと組織ごとに固有のストレスを有するケースも多々ありますが、職種によってストレスが過剰にかかりやすい傾向があるのも事実です。

そんなストレス過剰な職場の典型として私が研究テーマとしたのが「国会議員秘書」という仕事です。私がこのテーマを研究しようと思ったきっかけは、知人から、週に数回でいいから議員秘書の仕事をやってみないかと声をかけてもらったことです。

「明日にでも議員と面接をしてほしい」という急ぎようでしたので、事情を聞くと、前の秘書が失踪に近い辞め方をして連絡がつかなくなっているうえ、政策担当秘書も辞めてしまいそうな状況にあり、それ以外の秘書もうつ病のような症状になって休みがちで、物理的に事務所の仕事がまったくまわらない状態だということでした。もっと精神的に強い人がほしいという要望もあり、当時からカウンセラーの仕事もしていた私に声がかかったようです。

この状況を聞くだけでも、議員事務所がブラックな職場だということは容易に想像がついてしまいます。結果的に、このとき声をかけていただいた議員事務所の仕事は断りましたが、カウンセラーという職業柄もあり、このベールに包まれた職場環境に興味を持ちました。そして、また違うご縁からほかの議員事務所で働く機会があり、カウンセラーと議員秘書という“二足の草鞋”を履く生活が始まったのです。

■目の当たりにした「異世界」の光景

議員事務所で働きはじめると、ほかの議員事務所の秘書も含めて知り合いが増えました。そこで見聞きした光景は、それまで企業や大学など別の業界にいた私から見れば、世間一般の常識から遠くかけ離れた異常なものでした。国会議員の事務所には、「時代錯誤」や「異世界」という言葉がぴったりです。

たとえば、「土下座」という行為は、時代劇やお笑い番組のシーンでしか見たことがないものですが、議員秘書の中にはやむをえず土下座する人もいます。実際、私も公道の真ん中で議員秘書が後援会幹部に土下座をしている現場を見たことがあります。

政策担当秘書に面と向かって「秘書ってのは下僕なんだよ」と言い放った衆議院議員もいれば、運転する秘書の頭を拳骨で殴る男性代議士、あるいは週末だろうと休暇だろうと関係なく、自分の子どもの学校や塾、スイミングスクールの送迎を公設秘書にさせている女性参議院議員、公設秘書に国から支給される給与をピンハネする議員もいまだにいますし、給与からの政治献金を強要する議員もけっこういます。

パワハラだけでなく、信じられないようなセクハラやモラハラをする国会議員も数多くいました。中には、同じ事務所内の秘書同士の連絡先交換を禁止したり(秘書たちが結託するのを防ぐため)、朝出勤してきた秘書全員を予告なしにクビにしたりした議員もいます。立場の弱い私設秘書を、タダ同然で長時間働かせている議員もいました。

もちろん、そういった非常識な議員は一部に限られており、一方では、政治的な能力が素晴らしいだけでなく、人格的にも尊敬すべき国会議員の先生方もいます。しかし、私が見聞した国会議員による“秘書いじめ”の実例はこれだけではありません。おそらく秘書たちに情報提供を呼びかけたら、それだけで本1冊分になると思われます。議員秘書は、労働基準法や労働安全衛生法などの労働法制による保護が十分ではありません。他の職種と比べて、被雇用者としての立場が圧倒的に弱いのです。

以上のような状況から、私は議員秘書が抱えているストレスはとても大きいに違いないと仮説を立てました。その一方で、このようなストレスフルな職場であっても、前向きに頑張っている議員秘書と、逆にストレスに押しつぶされそうな秘書がいることに気づきました。

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。