記事

「○○の日」が多すぎる ゆるキャラ、B級グルメと同じ道に


Twitterをあけるたびに、トレンド欄で「○○の日」というものを見かける。昨日の午前に開いたところ「いいりんごの日」と「縁結びの日」だったそうだ。知らなかった。

商品・サービスや、何らかのムーブメントを認知させるために、記念日を設けるのは有効な手段の一つである。いかにも、あとからとってつけたこじつけの記念日ではなく、歴史的な意義のある記念日もある。

ただ、いかにもPR、プロモーションのためにとってつけたような記念日で飽和していないか。特に単に日付と商品・サービスの語呂を合わせたようなものが。

私はこれは、ゆるキャラ、B級グルメとまったく同じ現象だと見ている。「他がやっているから」という理由で、マーケティング会社に進められ、コンサルタントを雇い、これらのものを立ち上げる。しかし、結局のところ、「らしさ」がなく。伝統もなく。いつの間にか風化されていく。ゆるキャラは、ゆるくないし、B級グルメを定着させるためにはヘビー級の努力が必要なのだ。

B級グルメに関して言うと、必ずしも地産地消につながらず、他の県や国にお金が落ちる。もともとの地元の名物の売上や認知度に悪影響を与える可能性だってある。ともに立ち上げるだけでは成果は出ない。結局、マーケティング会社が儲かるだけ。気づけば地元の人ですら、口にするのが恥ずかしくなっていく・・・。

この「○○の日」もまったく同じ構造ではないか。そもそも、まずはその「○○」のファンが、その日に対して熱くなければ、定着はしないだろう。たとえ、認知度が高くなくても、そのファンたちがその日に熱ければ何かが起こる。それがファンに定着している前提で、予算を投入し認知度を高めようとするなら、また話は別である。

一生活者として、私はTwitterのトレンドで「○○の日」を見かけるたびに、やらされ感がミエミエでげんなりしてしまう。ファンを裏切らないためにも、ゆるキャラ、B級グルメと同じ結果にならないためにも、地に足のついた「○○の日」を期待したい。


4月4日は常見陽平の日。もう44年も続いている。今年の誕生会は50名弱を動員。ぜひ、覚えておいてほしい。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  5. 5

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  6. 6

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。