記事

逮捕されたミスター東大の「スーパー銭湯出禁」騒動

【ネットでは有名人だった稲井大輝被告(投稿していた動画より)】

【橘芹那さん】

 東京大学経済部に在籍し、「ミスター東大」コンテストのファイナリスト──そんな肩書きを持つ稲井大輝被告(24)が新宿区の自宅タワーマンションに30代女性を連れ込み、性的暴行を加えた疑いで逮捕されていた(10月5日に強制性交罪で起訴)。

「稲井被告は保釈され、余罪はないとみられています。しかし、彼が“日本一チャラい東大生”と自称し、ナンパ動画などを『YouTube』に投稿するなどしていたことが注目されている」(全国紙社会部記者)

 極めつきが、昨年に都内のスーパー銭湯で起こした有名セクシー女優との「男湯出禁騒動」だ。当事者である橘芹那さんが、出来事の詳細を語る。

「2年前にツイッターを通して稲井君から“ぜひ仲良くしてほしー”というメッセージが送られてきたんです。それをきっかけに仲良くなりました」

 ある日、橘さんが「男湯に入ってみたい」と言い出したことから、一緒にスーパー銭湯へ行ったという。

「はじめは大人しくお湯に浸かっていたのですが、だんだん楽しくなって露天風呂で軽くイチャイチャしていたら“女がいるぞ!”って男の人が10人くらい群がってきたんです。そこでエッチなことを言ったりして盛り上がっていたら、店のスタッフさんに“周りのお客さんに迷惑なので出てください”って追い出されちゃいました」

 その後も稲井被告とは連絡を取り合っていたが、逮捕された9 月頃から連絡が途絶えていたという。それにしても、なぜ彼女は男湯に入ることができたのか。

「私は“ニューハーフ女優”ですが、性転換手術はしてません。稲井君はちゃんと事前にスーパー銭湯へニューハーフでも男湯に入っていいのか問い合わせてくれました。OKをもらったのに、騒ぎになったせいで“出禁”になっちゃったんです」

 そうした気遣いがなぜ被害女性には示せなかったのか。橘さんは「反省したら、また元気な姿を見せてほしいです」と語っていた。

※週刊ポスト2018年11月16日号

あわせて読みたい

「東京大学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  8. 8

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  9. 9

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

  10. 10

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。