記事

スバル、検査不正で10万台を追加リコールへ 費用は約65億円に


[東京 5日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は5日、完成車不正検査問題への対応策として、新たに国内向け車両約10万台の追加リコールを実施すると発表した。これにより、同問題に関するリコール台数はあわせて約53万台となる。新たなリコールの費用は約65億円になる見通しだ。

追加リコールの対象になるのは今年1月9日から10月26日に生産された「インプレッサ」など9車種で、「トヨタ86」も含んでいる。リコール届出は11月8日になる予定。

スバルでは昨年10月以降、同社の群馬製作所で完成車検査の不正が相次いで発覚し、国土交通省が徹底調査を指示。社外の専門チームがまとめた報告書により、不正検査が昨年12月末まで行われていたとの判断に至った。

しかし、その後の検査員への確認で、ブレーキペダルの検査などでそれ以降も不適切な対応があった疑いが強まった。同社では「(検査員の供述の)不整合を解消するために」新たなリコールに踏み切ったとしている。

あわせて読みたい

「スバル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ不振の原因は電子決済遅れ

    永江一石

  2. 2

    東京五輪は中止リスク抱える計画

    内田樹

  3. 3

    透析中止を提案 ある医師の独白

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  6. 6

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  7. 7

    NHK朝ドラ 診察描写に医師が感心

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

  9. 9

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  10. 10

    韓国がすべきは日米との関係修復

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。