記事

ビットコインとグーグルトレンド

人気度や関心度を把握するために、「グーグルトレンド」を利用している人は多いと思います。
Google Trends(グーグルトレンド)は、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツール。公開は2006年5月10日。(ウィキペディアから抜粋)
例として、「ビットコイン」という言葉での検索状況を見てみましょう。


過去12か月間の日本における検索状況です。「ビットコイン」という言葉での検索が特に多かったのは2017年12月(1)と2018年1月(2)、そして3で分かるように、現在のレベルは最近12か月で最低です。

次に、上のチャートと下のチャート(ビットコイン価格)を見比べてください。(チャートはTradingViewです。無料で使えます。)


完全に一致ではありませんが、ほぼ同じ形をしています。1がピークとなった2017年12月です。その時、ビットコイン価格は221万円でした。2018年1月(2)の高値は200万8000円、そして現在の価格は71万円台です(3)。

「グーグルトレンドを使えば、ビットコイン価格の予想ができる」と言うつもりはありません。興味深いのは、検索数の減少は人々のビットコインに対する関心度の減退を表し、そして冷え込む投資心理をも表していたということです。

ここで思い出すのは投資心理の周期です。


1、楽観、2、興奮、3、スリル、4、陶酔、5、ここが最高の買いチャンスだ!(天井)、6、心配、7、現状の否定、8、恐怖、9、自暴自棄、10、パニック、11、降伏、12、落胆、13、鬱的な状態、14、希望、15、安心、16、楽観
現在のビットコインはどの位置にあるでしょうか?パニック売り(10)は既に終わり、多くの人たちは落胆(12)憂鬱(13)な状態にあると思われます。言い換えると、ビットコインは底を現在形成している可能性があります。どんなタイミングで買い出動したら良いでしょうか?もちろん、投資家によって考え方は違いますが、移動平均線が一つの目安になります。下は週足チャートです。


見てのとおり、30週移動移動平均線が難関になっています。試し買いをするのは、ビットコイン価格が、この移動平均線を突破してからでも遅くないと思います。


(情報源:グーグルトレンド

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  2. 2

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  4. 4

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  5. 5

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  6. 6

    納期のため品質を犠牲にする現場

    佐藤知一

  7. 7

    朝ドラ人気ヒロイン のんが2位

    NEWSポストセブン

  8. 8

    意志を貫く佳子さまのダンス姿

    文春オンライン

  9. 9

    五木寛之氏 不況=自殺増ではない

    幻冬舎plus

  10. 10

    破産者マップ対応の弁護士を称賛

    最所義一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。