記事

無職の元貴乃花親方を支える敏腕社長・景子夫人の「稼ぐ力」

【退職で給料はゼロに(時事通信フォト)】

 突然の引退から1か月。九州場所の初日が迫るなか、元貴乃花親方(46)の動向に注目が集まっている。10月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演すると、「最近は仕事といった仕事はない。今後はどうしようかといった感じ」「ちびっこ相撲とか、土俵に携わっていきたい」などと語った。

「相撲協会の理事時代の月給は約140万円あり、ヒラに降格となってからも約80万円はあったが、今回の退職によってゼロになる。当面の収入はテレビやイベントの出演料などに限られてくる」(相撲担当記者)

 そんななか“一家の大黒柱”となりそうなのが、景子夫人(53)である。景子夫人は長年にわたり女将として貴乃花部屋を支えてきたが、その一方で、“副業”にも熱心だった。

「近年は講演を年間40~50回こなし、ギャラは1回あたり50万~80万円といわれています。自分の家族や女将の仕事をテーマに語ることが多い」(後援会関係者)

 貴乃花親方が理事選で4選を果たした直後の2016年2月には、自身が代表取締役を務める会社を設立。主な事業として「河野景子のことばのアカデミー」という講座を主宰しており、アナウンサーや女将の経験を生かして、話し方や礼儀作法を生徒たちに教えている。同社HPによれば、3時間の特別体験レッスンの受講料は1人2万7000円だ。

 今年7月には、出身地の宮崎県で開かれた物産展のオープニングセレモニーの司会も務めている。

「貴乃花親方の引退と前後して、景子さんは講演や執筆活動を増やそうとしているとも聞きます。講演活動だけで、年間1000万円単位の収入になっているはずですが、より精力的に家計を支えようとしているのではないか」(同前)

 元貴乃花親方の人生が大転換を迎え、夫婦の役割分担も大きく変わっていることは確かなようだ。

※週刊ポスト2018年11月16日号

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  6. 6

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  9. 9

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  10. 10

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。