記事

無職の元貴乃花親方を支える敏腕社長・景子夫人の「稼ぐ力」

【退職で給料はゼロに(時事通信フォト)】

 突然の引退から1か月。九州場所の初日が迫るなか、元貴乃花親方(46)の動向に注目が集まっている。10月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演すると、「最近は仕事といった仕事はない。今後はどうしようかといった感じ」「ちびっこ相撲とか、土俵に携わっていきたい」などと語った。

「相撲協会の理事時代の月給は約140万円あり、ヒラに降格となってからも約80万円はあったが、今回の退職によってゼロになる。当面の収入はテレビやイベントの出演料などに限られてくる」(相撲担当記者)

 そんななか“一家の大黒柱”となりそうなのが、景子夫人(53)である。景子夫人は長年にわたり女将として貴乃花部屋を支えてきたが、その一方で、“副業”にも熱心だった。

「近年は講演を年間40~50回こなし、ギャラは1回あたり50万~80万円といわれています。自分の家族や女将の仕事をテーマに語ることが多い」(後援会関係者)

 貴乃花親方が理事選で4選を果たした直後の2016年2月には、自身が代表取締役を務める会社を設立。主な事業として「河野景子のことばのアカデミー」という講座を主宰しており、アナウンサーや女将の経験を生かして、話し方や礼儀作法を生徒たちに教えている。同社HPによれば、3時間の特別体験レッスンの受講料は1人2万7000円だ。

 今年7月には、出身地の宮崎県で開かれた物産展のオープニングセレモニーの司会も務めている。

「貴乃花親方の引退と前後して、景子さんは講演や執筆活動を増やそうとしているとも聞きます。講演活動だけで、年間1000万円単位の収入になっているはずですが、より精力的に家計を支えようとしているのではないか」(同前)

 元貴乃花親方の人生が大転換を迎え、夫婦の役割分担も大きく変わっていることは確かなようだ。

※週刊ポスト2018年11月16日号

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  10. 10

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。