記事

戦前日本:選挙権・被選挙権もあった内地居住の朝鮮人(4)

 遠賀川の川筋男で、しかも若松港を舞台に、玉井一家と対立する吉田磯吉陣営で活動していた父や我が一族と葦平文学とは、不思議な縁(えにし)で結ばれているようだ。

 当時の内地居住の朝鮮人・台湾人には日本人と同等な選挙権も被選挙権があったという歴史的事実は、日本でも韓国でもほとんど知られていない。在日朝鮮人の朴春琴は、1932年と37年の衆議院選挙で、東京府4区(本所区・深川区)で当選している。私の父の選挙ポスターのような第一次資料に基づいてさらに研究を進めるべきである。

 経済史学者の坂本悠一氏や河明生(ハ・ミョンセン)氏は、強制連行以前に朝鮮半島から日本にやってきた朝鮮人を「自由意志に基づく移民」、つまり出稼ぎを目的とした労働移民としてとらえている。

 これは、植民地から宗主国への出稼ぎであり、国際労働力移動や移民といった概念で学術的に分析できる。世界中に植民地を持っていた大英帝国やフランスのケースと比較することも可能である。

 火野葦平の地元、若松市で葦平研究を進めた故鶴島正男氏には、葦平に関する多くのことを教えて頂いたが、彼は「火野葦平資料の会」を立ち上げ、私も参加させて頂いた。その会が編集した『若松庶民烈伝』(裏山書房、1977年)には、朝鮮半島から「自由意志」で出稼ぎに来た1人の男の話が掲載されている。

 その男は、第二次大戦後、若松市で画廊喫茶「ドガ」を開業し、文化人たちが集い「北九州市の梁山泊」と化したサロンの主である。フランスに留学した私は、ピカソ、藤田嗣治、サルトル、コクトーら文化人の溜まり場、モンパルナスのラ・クーポールを思い出した。

「『ドガのおやじ』こと沢山哲雄――本名、チョル・ヨンさんは、1914年(大正3年)韓国慶尚南道密陽市上南面岐山里の名族、チョル家の一人息子として生まれた。・・・日本から画家の叔父がたびたび帰省しては、チョル家を訪れた。・・・ヨン少年の心には、このころから、海のはるかかなたの、日本という国に対するあこがれが芽生えていた。

・・・15歳。故郷の畑に麦のうれるころ、ただ一人、あこがれの日本へ渡った。上陸したものの、叔父から聞いた幻の日本以外、何一つ知らない。日本語もしゃべれない。」

 15歳のときだから、1929年のことである。チョン・ヨルさんは、まさに「自分の自由意志」で日本に来たのである。そして、「放浪の果て、やっと同郷人が多数働いている三井郡(福岡県)の瓦屋に、住み込みの働き口が見つかった。」(pp84~86)。強制連行や徴用とは無縁の世界の話である。

あわせて読みたい

「在日コリアン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。