記事

長女(小学4年生)の「総理」に対する認識に衝撃を受けた話【雑談・ステップファミリー奮闘記】

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は委員会の狭間なので、溜まっていた陳情(都民相談)を受ける1日。医療政策や都有地活用まで、様々な問題提起や政策提言につながりそうな内容を聞くことができました。

夜は久しぶりに早めに帰れたので、先日「アスタネ」さんで買ってきたしいたけを使ってバターソテーを調理。美味。

そしてテレビニュースを見ながら長女(10歳・小4)とお話していたのですが、アメリカ中間選挙のニュースが。

「えー、アメリカってまた大統領選挙やるの?トランプさん変わるの?」
「いや、これは中間選挙で、大統領選挙はまだ2年後だよ」
「2年後でも早くない?日本の総理大臣なんて、ずっと安倍さんだよ。アメリカってすぐに大統領が変わるよね

…おおおおお!(衝撃)

なるほど、コレが今の小学生の感覚か、そうなのか!!と、夫婦ともどもびっくりです。

私が小学生のときは、細川政権が誕生して総理大臣が文字通りコロコロ変わりまくっていた時代。

「また総理が変わったのかよ」
「社会の試験で覚えるの面倒だから、変わらないでほしいよね」

なんて会話を塾の仲間たちとしながら、中学校受験のために宮沢喜一・細川護煕・羽田孜・村山富市…と単語カードに書いて暗記をしていたわけです。

それに比べると長女の場合、物心ついた頃(4歳)からずっと安倍首相なわけで、

「日本の総理はあんまり変わらない」
「なんかアメリカのトップはすぐ変わる」

というイメージを持っていても、まったくおかしくないわけですね。中学校受験対策も簡単ですね!いや問題にならないだろうけど。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。