記事

ごめん「おお地震」「障がい者」はカンベンしてください。

なんかテレビ見てるとすごい気持ち悪いことがあるんだけど。


まず、秋田犬とか大地震とかの読み方。「あきたけん」「だいじしん」じゃなくて、「あきたいぬ」「おおじしん」とか。


たしかに秋田犬は、秋田現地では「あきたいぬ」と呼ばれている。しかしそれがそもそも間違っているのではないか。

在来犬種は「甲斐犬」「土佐犬」など「けん」と呼ぶものであって、「いぬ」は「あきたいぬ」だけ。あとあえて言えば「柴犬」だろうが、こっちは「柴」で済んだりするし。

この際「けん」に統一したらどうですか。気持ち悪いぜこれ。


それにだいじしん・おおじしんについては、たしかに両方とも昔から使われてはいる。しかし「じしん」は音読みなのだから、どちらかといえば音読みの「だい」のほうが正しいわけだ。「おおじしん」はむしろ誤用・誤読が広まっただけだろう。

たとえば同様の理由から、大災害は「だいさいがい」であって「おおさいがい」とは読まない。

「おおさいがい」――気持ち悪いだろ誰が音読しても。

なんで地震だけ「おおじしん」にするのか。少なくとも「より正しい」と思われる「だいじしん」と発音すべきではないのかマスメディアだったら。メディアが誤用を広めてどうするのか。


あとテレビと言うよりもう少し広い範囲で気持ち悪いのが、「障がい者」って表記。

「障害者」でいいだろ普通に。そもそも障害を持っているから障害者という定義なわけで。別に「害」という文字を入れたら障害者差別ってわけでもないわけだし。

友人に障害を持つ表現者がいるが、その方も「障がい者」にはあきれている。「臭いものに蓋すればそれでいい」みたいな発想では、誰も幸せにできない。

多分「他人を害する」みたいな言い方に「害」が使われるからイメージ悪いとか、せいぜいその程度の発想の「お花畑幻想」から来てるんだろうけど。「40歳独身」を「アラフォーシングル」とか言い換えると「気持ちいいじゃん」みたいなのと同様。

でも「害」というのはこの場合、単に「悪影響」という意味に過ぎない。「身体動作に悪影響を及ぼす障りがある」から「身体障害者」というわけで。「障害は不幸でなく不便」と乙武洋匡さんが看破してたけど、私もそう思うなあ。「不便な悪影響があるだけ」と。少なくとも身体障害に関しては。

こんな無茶が通るなら、この際、障がいだけでなく、傷がい事件、人権侵がい、被がい者、がいどく、迫がい、がいあくとか表示したらどうですか。善あく、将棋のあく手、あく影響、ふ幸、ふ便、ふ思議とかも必要ですね。――こうしたら、差別のない幸せな世界になるかもよ。私はごめんだけどもね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  3. 3

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。