記事

アングル:10月の異変、米国株・債券「同時下落」の衝撃


[ニューヨーク 31日 ロイター] - いわゆる「バランス型」投資が、もはや用済みだと宣言しても良い局面かどうかは分からない。しかしこの10月は、米国の株式と債券について片方が値下がりすればもう一方は上がるとの前提で両方に資金を投じていた人々にとって、異例なほど厳しい状況をもたらした。

それは株と債券が同時に下落したからだ。米国株の強気相場が始まろうとしていた2009年3月以降で、今回を含めてわずか12回しかこうした事態は起きていない。

債券はひどい値動きとなり、10年債利回りは一時7年半ぶりの水準まで高騰。株式も利回り上昇や米中貿易摩擦が響いて売り込まれた。

ジョンドロー・ウェルス・マネジメントの金融アドバイザー、マグダネラ・ジョンドロー氏は「通常なら株安局面では、投資家は株から債券に資金を移すという想定になる。(しかし)10月はそうならなかった」と話す。

ミューチュアル・ファンドや上場投資信託(ETF)の投資家は、株式と債券の双方から計140億ドル強の資金を引き揚げたことが、リフィニティブ傘下のリッパーのデータで分かる。

年内は投資家にとってさらに試練が続く。11月上旬には米中間選挙があり、その後米中通商協議が開かれ、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるつもりかどうかに関する手掛かりも極めて乏しいからだ。

ジョンドロー氏は、投資家が市場のボラティリティが景気後退を示唆するかどうか見極めようとしている上に、金利上昇が続いていることで債券に一段と資金を振り向ける動きを抑えていると指摘した。

債券と株式の同時下落は、リスク分散の意味で双方を保有している機関投資家やヘッジファンドにも打撃を与えている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  6. 6

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  7. 7

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  8. 8

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。