記事

平成24年3月9日

今だからあえて憲法

 私も起草委員の一人として案文決定に尽力をした新しい憲法改正案を、自民党が平場で議論することとなりました。

 報道各社の論調を見ると、天皇の元首性の明記や自衛軍の明定に着目して反動色が強いと批判したり、他に国政上の課題が山積する中サンフランシスコ講和条約60周年を機に自民党の党是を明確にしようとすることは党利党略でないかと批判する意見があるようです。

 名目上の代表であっても法的に見て元首といえる天皇の地位を明確化したり、国際的に見て「軍じゃない」と言うことが困難である自衛隊の再定義をし、国際平和活動や(限定的であれ)集団的自衛権が対等な日米関係や国際平和・日本の対外的な信頼の向上のために必要となるのにその解釈に弊害となる条文を整理することを反動的だというのは理解に苦しみます。

 そもそも、現行憲法は施行後65年の長きにわたり一言も改訂されておらず、時代の要請から大きなずれが指摘されていました。今日本が急速に内外に抱えるようになった諸問題(外交の危機や社会保障の制度破綻、国際競争力の低下、震災復興に必要なスピードの欠如、行政情報の隠ぺいなど)の根っこにあるのが、日本が失いつつある「自助・自立の精神」「奉仕の倫理観」であり、国を変えるのは小手先の制度をいじることによっては限界があるということをつくづく痛感している昨今なのです。

 今こそ私たち全ての国民が、無論現下の様々な制度的問題に対処しつつ、その背景にあり抜本的な改革が必要となっている憲法の問題にタブーと逃げずに取り組むことが、必要な時期と言えるのではないでしょうか。

 ちなみにこれとは別に、国会の義務違反が生じている国民投票法上の諸検討を進めることは必要です。これを扱う衆議院の憲法審査会での議論にも積極的に参加しています。

予算案の衆議院通過

 昨日、平成24年度予算案が衆議院を通過しました。

 自民党は民主党の「消費税10パーセントへの引き下げではとても足りない規律を失った予算」「税と社会保障一体改革をうたいながら何ら社会保障の具体的改革案が示されず増税のみ先行させる予算」「交付国債という粉飾を伴う国民に不誠実な予算」には反対する意思表示をするとともに、党として1.1兆円の削減を内容とする組み替え動議を提出致しました。(否決)

 これに先立つ党の代議士会で、極秘党首会談が取り沙汰され、地元でも落選支部長からも不信が高まっている執行部に対し、「賛成すべきは賛成し、反対すべきは反対することに何の後ろめたいこともない。筋を通した党運営をお願いしたい。」とあえて発言しました。党のあり方をよりよくしようという若手の勉強会も進めています。

 郵政問題、企業統治問題、年金問題、色々課題は山積していますが、これからも火の出るような覚悟を持って、日々の活動を進めて参ります。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。