記事

注目すべき柳ケ瀬都議の動き。火中の栗を拾ったのか、それとも何かの深謀遠慮?

上田令子都議との決別を宣言した音喜多都議を待ち受けているのは、普通の人では堪えられないような修羅場だろうと思っていたが、柳ケ瀬都議が助け舟を出したようである。

維新の柳ケ瀬氏が地域政党として出来立てほやほやのあたらしい党の音喜多氏と都議会で新会派を結成すれば、比較的上品な大手のマスコミの関心は下世話な話はさておいて、まずは新会派結成の狙いや都議会の今後の動向に移っていく。

おう、結構上手にマスコミ対策をやるものだ、と半ば感心し、半ばあっけに取られている。

ここは柳ケ瀬氏の度量の大きさに敬意を表したほうがいいだろう。

下世話な話で失速必至の音喜多氏や、あたらしい党に集まってきた若い方々の窮状を柳ケ瀬氏が結果的に救済した形にはなる。

発信力のある音喜多氏ではあるが、如何せん重量感や安定感には欠けるところがあり、支持者の皆さんも不安に駆られたと思うが、それなりに重量感と安定感を持っている柳ケ瀬氏が表に立てば、風向きが変わるかも知れない。

如何にも火中の栗を拾ったような形だが、これまた東京では失速必至の維新が多少は存在感を発揮することになるのかも知れない。

音喜多氏と上田令子さんや上田さんの取り巻きの人たちとの間のトラブルはそう簡単に解決しないだろうが、柳ケ瀬氏が間に入ることによってとりあえずワンクッションを置くことは出来そうだ。

それにしても、新会派の名称が意味深である。
「維新、あたらしい、無所属の会」。

二人だけの会派なのに、無所属という文字まで入れている。
柳ケ瀬氏が維新を離れて無所属になる、ということは(現時点では)ないだろうから、新会派は無所属の都議会議員を取り込むことを企図している、ということだろう。

まあ、都民ファーストの方が新会派に移ってもいいことは何もなさそうだから、目下のところは特に気にする必要はないとは思うが、柳ケ瀬氏が人心掌握に長けた、いわゆる人たらしの名人だったら何が起きるか分からない。

あわせて読みたい

「音喜多駿」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高樹氏、田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  4. 4

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  6. 6

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  7. 7

    失念で済まない山尾氏の無断渡航

    和田政宗

  8. 8

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

  9. 9

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  10. 10

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。