記事

拙速すぎるのではないか

 今国会の最大の問題は、入管法の改正になるのだと思う。もう一つは、EUとのEPAの協定ということになるだろうか。
 
私は法務委員会に所属しているので、入管法の審議を行うことになっている。宮城県は被災地を中心に人手不足が深刻である。若い人たちの流失が止められないし、Uターンも期待できない。
 
そうなると、最後の頼みの綱は外国人労働者ということになる。私は、外国人を受け入れることについて、基本的に賛成である。その理由は、このままでは、地域社会の崩壊を止められないからである。
 
しかし、昨日の本会議を始めとした議論を聞いていると、来年4月からの施行は早すぎる感じがした。何故ならば、受け入れるための体制整備ができていないからである。
 
例えば、社会保障制度である。本人が社会保険に加入すれば、家族も保険を使って、治療受けることが可能になる。もし、自国の医療費が高い、あるいは日本の医療の方が進んでいるのであれば、日本に来て保険診療を受けることが可能になる。このようなことになれば、医療費は大幅に増えることになるだろう。
 
年金も10年間保険料を納めれば、受給資格が生じる。仕事を辞めて本国に帰った人たちに対して、年金を支給することにするのだろうか。
 
子供の教育環境に対しても、まったく整備ができていない。日本語を話せない子供たちが日本に地方に来た場合、学校で対応できるだろうか。
 
我が国の現状を考えれば、外国人労働者を受け入れなければ、産業は成り立たない。少子化に歯止めがかからない今、地方都市を存続させるためには、仕方がないことなのだと思う。しかし、この状況で受け入れれば、混乱することは確実である。体制をきちんと整備してから、入管法の議論を行うべきではないだろうか。

参議院議員・医師 桜井 充

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  2. 2

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  3. 3

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  5. 5

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  6. 6

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  7. 7

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  8. 8

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    田口容疑者の大麻所持に幻滅の声

    女性自身

  10. 10

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。