記事

欧州メルケルショック ブラジルでは右翼大統領

世界の情勢が、ますます右傾化していくようで心配です。

ひとつは、南米ブラジルで、10月28日、現職のテメル氏の任期満了に伴う大統領選挙の決選投票があり、軍事政権の称賛や差別的な発言などで「ブラジルのトランプ」と呼ばれるジゃイル・ボルソナロ下院議員(63)が、初当選を果たしました。

任期は、来年1月1日から4年間です。BRICKS(新興5ヶ国)を中国やロシアなどと構成する大国のブラジルにも、ポピュリスト(大衆迎合政治家)の指導者が誕生することになり、世界経済や世界の民主主義などに影響を与えるであろうと、懸念されています。

ボルソナロ氏は、同性愛者や女性、黒人などへの差別的発言で知られると報じられていて、閣僚に多数の軍人を登用する意向を示している、とのこと。

こうした人物を大統領に選んだのは、左派・労働党に対する国民の強い反発で、政界の汚職事件、治安悪化などへの批判による、とされていますが、具体的な政策は示されていないそうです。

ブラジルでも、「自国第一主義」や軍事独裁政権を称賛する大統領が誕生することは、とても心配です。

一方、ドイツのメルケル首相が、10月29日の記者会見で、自身が率いる保守与党キリスト教民主同盟(CDU)の12月の党首選に出馬しないことを表明しました。

2021年までの残りの首相任期は務めるとしています。メルケル氏は、28日の西部ヘッセン州議会選でCDUが大敗を喫した責任を取った形、とのこと。

しかし、党首でなくなれば、政権内での求心力が低下すると、懸念されています。メルケル氏は、G7(先進国主の会議)でも最長の任期で、自由や人権という価値観を重視してきた欧州のリーダーです。

各国で右寄りの、自国第一を掲げる政党が勢いを増す中、民主主義を守る騎手として、確固たる地位を築いてきたはずでした。

しかし、難民を受け入れるという政策が批判され、このような事態になっています。難民政策は、ほんとうに難しいと思います。

メルケル氏は、EUの予算を最も多く負担する国のトップとして、ギリシャ発の債務危機、難民問題の対応など、EU全体の問題について、議論を主導してきました。

EUは、より加盟国の結びつきを強くして、通貨ユーロを使う国で共通予算を作ったり、難民の受け入れ負担を公平にしたり等、改革案を議論している最中です。メルケル氏が、党首でなくなり、党に配慮すれば、EUの政策論議が停滞するおそれがある、とされています。

ドイツの主要紙の1面には「メルケル時代の終わり」の見出しが躍ったそうです。ドイツとともにEUを引っ張ってきた、フランスのマクロン大統領は、「メルケル氏は欧州の価値が何かを忘れることはなかった。

欧州では極右が台頭し、状況は全く楽観できない」としています。メルケル政権が不安定化することへの懸念は大きくなっています。

欧州全体をみても、今年総選挙があったイタリアやスウェーデンでも、移民・難民排除を唱える極右が躍進しています。メルケル氏の求心力が低下すると、各国で極右の勢力が一層勢いを増すことが、こちらも心配です。

あわせて読みたい

「アンゲラ・メルケル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    外国人が感じる日本の不思議文化

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。