記事

中国で見た「最先端キャッシュレス社会」の現実とさらに発展する「OMO」の世界

1/3

GDP世界2位、日本の2倍以上の経済力を持つ中国の現状とは

先日、世界一キャッシュレスが進んでいるとも言われるようになった中国のインターネットサービスやフィンテックサービスを現地で活用する機会に恵まれました。今回は、先日、メルカリの政策企画ブログである「merpoli」に掲載された記事をリライトしながら、皆さんに体験してきた中国のキャッシュレスの現状と「OMO」の取り組みについて紹介していければと思います。

日本でも先日、来年の消費税増税の経済的影響への対策として、「キャッシュレス」決済を通じた2%還元施策などが報じられました。こうしたことによって、ようやく少しずつ「キャッシュレス決済」への関心が高まり始めてきたように思います。今回は、政治家、経済界、行政関係者においてもまだまだ誤解の多い中国の現実について、特にフィンテック部分にクローズアップしながら、報告したいと思います。

最近、IT/フィンテック業界では、「中国ではネットとリアルの融合が世界一進んでいる!」とよく語られています。一方で、業界の外に出ると、こうした声を日本社会の中で聞くことはあまりありません。いまだに中国を日本より、「安かろう悪かろう」のイメージで捉え、誤解している人たちが多いように思います。

現在、各国のGDP比較では1位の米国($18,569,100)に次いで世界第2位なのが中国($11,218,281)であり、3位の日本($4,938,644)と比較しても既に2倍以上の差がついてしまっている経済大国になっています。その発展は数字上の経済力だけではなく、近年凄まじい発展を遂げているのがインターネットの世界であり、とくにフィンテック分野においては、もはや米国以上に発展した世界一の国になっているとも言えます。


財布も持たずにスマホだけ持って出かければ全てが完結する中国社会

中国に行ってまず驚いたのが、今回の視察の主題でもある「キャッシュレス」の浸透ぶりです。スマートフォン端末(以下、「スマホ」)を片手に買い物をすると、そのスマホの画面で日本でもお馴染みのQRコードで読み取ると、それで決済が終わります。

日本でも最近、交通ICカードなどが使われる様になってきていますが、こうした「FeliCa」と言われる非接触型のICは発展しているものの、その多くが事前にチャージするプリペイド型であり、活用範囲などは広がっているものの、「スマホと交通ICカードだけ持って出かけよう」という感覚にはまだ程遠いのが現実です。

今回、視察中に実際に上海で生活する中国人の方々へヒアリングを行いましたが、財布を持って出かけることはなく、何かがあった時の保険の意味でスマホケースにクレジットカード1枚とお札を1枚入れているが、「使ったことは一度もない」と言っていました。

実際、今回一連の上海視察の中で、念のために元に変えて持っていった現金を使う機会も、クレジットカードを使う機会もほとんど無く、そのほとんどの支払や決済を事前にダウンロードしたスマホのアプリ上で行なって来ました。飛行場に到着してからSIMカードの購入、ホテルまでのタクシー代、食事の支払い、お土産の購入、さらには配車サービスと支払いまで、そのすべてをスマホ1台で完結しました。

とくに食事の支払い後に一緒に行動した同僚たちとの割り勘の精算などまで簡単にできるスマホ決済は非常に便利でした。

ガラケーを持っている人はおらず、都市ではすべての人がスマホを持って決済する

今回訪れたのは上海でしたが、中国の都市ではスマホ端末が徹底的に浸透しています。iPhoneの普及もそうですが、最近日本でもよく見るようになった中国産の高級端末の一つHUAWEI(ファーウェイ)や、もっと安価な端末であるXiaomi(シャオミ)といった中国の端末を持っている人も多く見かけました。中国においてここまでスマホ端末が浸透した背景には、パソコンが普及する前に、このXiaomiのような1万円程度の安価なAndroid端末登場したことが大きいという話でした。

中国では、こうして2周遅れのような状況から世界一とも言えるようなスマートフォンの普及が進むと、政府が国レベルでインターネットサービスの普及促進する施策を実施、「Tencent(テンセント)」や「Alibaba(アリババ)」などの大企業もスマホ事業に力を入れたことで、一気に世界一とも言えるフィンテック最先端の国へと変わりました。

コミュニケーションから配車、決済、割り勘まで、すべてがスマホで

このスマホによるフィンテックのインフラを担っているのが、日本で言う「LINE」の様なチャットサービスである「WeChat(ウィチャット)」の運営社である「Tencent(テンセント)」と、「Amazon」や「Yahoo!」、「楽天」の様なECサービスを運営している「Alibaba(アリババ)」です。

「Tencent」は「WeChat」と連携した「WeChatPay(ウィチャットペイ)」を、「Alibaba」は「Alipay(アリペイ)」といった決済サービスをそれぞれ持っており、現在の中国では、こうしたスマホ決済が広く普及しており、これらの決済を通じて獲得した顧客基盤の上にさらに新たな様々なサービスが生まれてきています。

今回の視察に伴ってスマホにダウンロードしたアプリは10個。

先述の「WeChat」「WeChatPay」と「Alipay」、中国版Uberでもある配車アプリ「DiDi(ディディ)」、Googleマップの様な「Baidu(バイドゥ)」、シェアリングサイクルアプリである「Mobike」と「ofo」、アリババが運営するスーパーの「Hema」、フードデリバリーアプリ「Meituan Waimai」、無人コンビニの「猩便利」でした。

中でも中国滞在中に圧倒的に使ったのが「WeChat」です。日本にいる際の「LINE」とほぼ同様にコミュニケーションツールとしてのチャットアプリでの活用は勿論、財布代わりに精算する際には常にこの「WeChatPay」のアプリを活用しました。

中国におけるスマホ決済は、基本的にこの「WeChatPay」と「Alipay」のどちらかで行われていました。

あわせて読みたい

「電子マネー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  4. 4

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。