記事

今朝の玉川VS橋下を見た結論

今朝のモーニングショーで玉川徹VS橋下徹の議論をやっていた。
安田純平(ジャーナリスト)の評価を巡ってだ。

結論を言うと、橋下徹は間違っている。
ジャーナリストを「成果主義」で評価する態度が完全に間違いなのだ。
成果は時の運だ。バクチと同じなんだから。

国民が知りたいことを伝えるのがジャーナリズムではない。それは商業主義だ。
国民が知らないことを伝えるのがジャーナリストの使命であって、商業主義とは相容れない。

どんなガイドラインを作っても、100%の安全はない。
行ってみなきゃ分らないのだ。
橋下徹は「成果」と「商売」という新自由主義型の人間であって、ジャーナリズムの精神が分かっていない。

玉川徹が「英雄」として迎えるべきと言ったのを番組では「フライング」と評していたが、それは間違いだ。
ジャーナリスト「英雄論」は、民主主義を信奉する国では当たり前だ。

現にフランスでは拘束されたジャーナリストが解放されると空港で「英雄」として迎える。
これは「民主主義」を信仰とする国と、日本のように「ムラ社会の掟」で暮らす国の差だ。
日本が「社会契約論」の国になっていないから、「国民国家」の原則が日本人には理解できないのだ。

「立憲主義」が自称保守の改憲派にも、和製リベラルの護憲派にも、いまだに理解されないのは、右派も左派も日本人は「ムラ社会の掟」で生きているからだ。

橋下徹は思想を知らないから、自分では無意識のうちに、「ムラ社会の掟」と「新自由主義」で論理を組み立てているが、海外では理解不能だろう。
何でも海外が正しいと言う気はないが、民主主義とは何かは学んでおかないと、国際社会の一員としては恥をかくことになる。

あわせて読みたい

「橋下徹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  2. 2

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  3. 3

    島国日本のゴーン氏逮捕劇に懸念

    小林恭子

  4. 4

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏 日産巡る意見に驚き

    小林よしのり

  6. 6

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    日産社長のゴーン氏批判に違和感

    安倍宏行

  8. 8

    とんねるず亀裂? 石橋が激怒の噂

    女性自身

  9. 9

    ゴーン氏前妻 逮捕は当然の結果

    文春オンライン

  10. 10

    イッテQめぐり朝日がブーメラン

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。