記事

米国の“さとり世代”、日本人との意外な共通点とは?

elysiumcore/Flickr

日本のさとり世代(1980年半ば以降の生まれ)と言えば、「欲がない」特徴で知られています。

対して、米国のさとり世代とされるジェネレーションZ(1997年以降の生まれ)には、日本人との意外な共通点が見て取れるのですよ。アメリカ心理学会の調査に、それが現れています。

(作成:My Big Apple NY)

そう、ジェネレーションX世代は心配性なんですよね。思春期を抜け出してまもない、不安定な年齢という事情もあるのでしょう。ただ、心配性が転じて支出に慎重な特徴が強まれば、潜在成長率をはじめ米経済の行方を左右しかねません。

精神面の脆さも、見え隠れします。ジェネレーションZ世代の間でメンタルヘルスの治療を受けた経験があるとの回答は37%に及び、ミレニアル世代(1981~1996年生まれ)の35%を小幅ながら超えてきました。ジェネレーションX(1965~80年生まれ)、ベビーブーマー世代(1946~1964年生まれ)の26%、22%を大きく上回ります。もちろん、近年のメンタルヘルスの重要性認知も、こうした数字を押し上げていることでしょう。

米国が抱える諸問題に強く不安を感じているのであれば、政治から変えようとする意欲は強いのでしょうか?ジェネレーションZ世代の選挙年齢18~21歳の間で投票に行くとの回答は、54%でした。過半数で悪くないように見えますが、やはり他世代(ベビーブーマー:76%、ジェネレーションX:66%)を大きく下回ります。逆に、投票するとの回答が予想外に多かったのがミレニアル世代で、68%でした。

若者の間で政治への関心が低いという状態は、今も昔もそれほど変わらないようです。このような数字をみると、中間選挙での投票を呼び掛けた歌姫テイラー・スウィフトのインスタ効果は2004年の“Vote Or Die”と同じく、限定的なような気がしてしまいますねぇ・・。
(カバー写真:elysiumcore/Flickr)

あわせて読みたい

「心理学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。