記事

欲を出したカナダギャングの末路

画像を見る2012年3月6日のカナダのニュースで、今年1月、カナダのB.C州に拠点を置くカナダのギャングの射殺遺体がメキシコ、シナロア州で発見されたと報じている。自動ライフルで9発を打ち込まれるという殺され方だが、記事は、カナダのギャングはメキシコギャングとサッカーでもするつもりだったのかと、その無謀な行為を冷笑している。すべては麻薬取引でより多くの利益あげようとしためだが、最近1年でカナダギャング5名がメキシコで殺害されている。写真は、過去にメキシコで殺されたカナダギャング。

それでは、危険で獰猛なメキシコカルテルと直接取引きすればいくら儲かるのか?この、なかなか表に出てこない内容が記事に書かれていた。

カナダでアメリカギャングを経由した場合のコカイン1キロの仕入れ値は2万ドル(約160万円)だが、メキシコギャングからだと1キロ8千ドルから1万ドル(64万円から80万円)となる。もちろん1キロの購入などでは無く、取引量はもっと多いだろう。最近スペインで押収された南米からのコカインは3トンだった。上の値段で計算すれば、仕入れ値は19億円から24億円で、末端価格は天文学的な金額になり、ほかの組織に卸したとしても一度に10億円単位の利益が出ると想像できる。しかし、その取引に失敗すれば、銃弾を浴びるか、自分の頭が路上に転がることになる。参照記事

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。