記事

稲垣吾郎 初単独主演映画で高まる期待…13年ぶりの快挙なるか


元SMAPで俳優の稲垣吾郎(44)が10月30日、「第31回東京国際映画祭」コンペティション部門に出品された主演映画「半世界」(阪本順治監督、来年2月公開)の会見に出席。ワールドプレミアで舞台あいさつを行った。

40歳を目前に、人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情を描いたヒューマンドラマ。各スポーツ紙などによると、会見で稲垣は「国際映画祭は憧れだった。夢のよう」と喜びだったという。

また昨年9月に独立した稲垣は「男の友情や絆」について聞かれ、草なぎ剛(44)と香取慎吾(41)の名前をあげた。「そういう絆は僕らにもある。2人にも早く(映画を)見てほしい」と笑顔で話したという。

「稲垣さんは劇中で、山中で備長炭を作る主人公を演じています。チェーンソーで木を伐採したり、頭にタオルを巻きながらみかんを食べたり。これまで都会的でスタイリッシュな役柄が多かった稲垣さんが、新境地を開拓しているのです。それもあってか、彼は『自分でも見たことがない自分がスクリーンに現れる。この作品に巡り合えたことは幸せ』と感慨深げでした」(取材記者)

稲垣の脇を固めるのは長谷川博己(41)、渋川清彦(44)、池脇千鶴(36)ら演技派の役者陣。阪本監督独特の世界観で、重厚な人間ドラマが描かれている。そのため、快挙にも期待が高まっているようだ。

「東京国際映画祭で日本映画がグランプリを受賞したのは、05年の『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督)。ただ今回は上映した際の反応がかなり良かったみたいで、期待が高まっています。快挙もありえるのではないでしょうか」(映画業界関係者)

グランプリ発表の11月2日、戴冠して満面の笑みを浮かべる稲垣が見られるかもしれない。

あわせて読みたい

「稲垣吾郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。