記事

稲垣吾郎 初単独主演映画で高まる期待…13年ぶりの快挙なるか


元SMAPで俳優の稲垣吾郎(44)が10月30日、「第31回東京国際映画祭」コンペティション部門に出品された主演映画「半世界」(阪本順治監督、来年2月公開)の会見に出席。ワールドプレミアで舞台あいさつを行った。

40歳を目前に、人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情を描いたヒューマンドラマ。各スポーツ紙などによると、会見で稲垣は「国際映画祭は憧れだった。夢のよう」と喜びだったという。

また昨年9月に独立した稲垣は「男の友情や絆」について聞かれ、草なぎ剛(44)と香取慎吾(41)の名前をあげた。「そういう絆は僕らにもある。2人にも早く(映画を)見てほしい」と笑顔で話したという。

「稲垣さんは劇中で、山中で備長炭を作る主人公を演じています。チェーンソーで木を伐採したり、頭にタオルを巻きながらみかんを食べたり。これまで都会的でスタイリッシュな役柄が多かった稲垣さんが、新境地を開拓しているのです。それもあってか、彼は『自分でも見たことがない自分がスクリーンに現れる。この作品に巡り合えたことは幸せ』と感慨深げでした」(取材記者)

稲垣の脇を固めるのは長谷川博己(41)、渋川清彦(44)、池脇千鶴(36)ら演技派の役者陣。阪本監督独特の世界観で、重厚な人間ドラマが描かれている。そのため、快挙にも期待が高まっているようだ。

「東京国際映画祭で日本映画がグランプリを受賞したのは、05年の『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督)。ただ今回は上映した際の反応がかなり良かったみたいで、期待が高まっています。快挙もありえるのではないでしょうか」(映画業界関係者)

グランプリ発表の11月2日、戴冠して満面の笑みを浮かべる稲垣が見られるかもしれない。

あわせて読みたい

「稲垣吾郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  4. 4

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  5. 5

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  6. 6

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  7. 7

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  8. 8

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  9. 9

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  10. 10

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。