記事

デジタル・コンテンツを集約するGoogle Playが公開されるも、早速「不気味さ」を体験

リンク先を見る

3月6日、Google Playが公開された。しかし、グーグルが持つプライバシー・データとそのポリシーについて、早速、違和感を覚える体験をした。ちょうど昨日掲載した『グーグルの新プライバシーポリシーについて考える』で紹介したように、Google Playを使ってまさに”creepy”(不気味・気持ち悪い)と感じた瞬間である。

グーグルの公式ブログでは以下のように発表されている:

「エンターテインメントは楽しくあるべきだ。しかし現実は、全てをうまく機能させるのはその全く逆である――コンピュータ端末間でファイルを移動させたり、端末間で永遠と続くシンク作業、そして多くのケーブル・・・。本日、私たちはそうした煩雑な作業をGoogle Playを利用することでなくしていく。Google Playは、デジタル・エンターテインメント・デスティネーションであり、ユーザはそこで、ウェブ、Androidフォン、もしくはタブレット端末上にあるお気に入りの音楽、映画、書籍、そしてアプリを探し、楽しみ、そして共有することができる。Google Playは、完全にクラウド・ベースであり、そのため全ての音楽、映画、書籍、そしてアプリはオンライン上で保存され、常にアベーラブルな状態であり、ユーザはこれらコンテンツを失ったり、再び別の場所へ移動させたりという心配をしなくて済む」。(筆者訳)

Google Playを紹介したYouTubeビデオ



早速Google Playを使ってみたが驚いた。これまでAndroidフォンにインストールしたアプリが全て記録されており、Google PlayのMy ANDROID APPSの画面でそれが全てインストール済みのアプリとして表示されるのだ。試しに使っただけで、既に端末から削除したアプリも全てGoogle Playに「installed(インストール済み)」として表示されている。Androidフォン上でアプリを削除しても、グーグルのサーバには過去にインストールしたアプリの情報が全て残っており、Google Playはその情報を表示しているということなのだろう。

Google Playのインターフェースで操作すれば削除できるのか調べてみたところ、Google PlayのQ&Aで『How to download or remove apps(アプリのダウンロードと削除の仕方)』というページを発見した。そして、そのページの最後に、次の文章を見つけた:

「アンインストールしたアプリケーションは、Google Playのウェブサイト上に依然として表示される可能性がある点についてご注意ください――過去にダウンロードしたアプリをplay.google.comから削除する方法は存在しません」。(筆者訳)

[原文]
“please note that uninstalled applications may still appear on the Google Play website – there is no way to remove previously downloaded apps from play.google.com.”

ユーザの利用履歴を、ユーザ自身が削除するという管理機能が存在しないのである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。