記事

アングル:米FANG4銘柄、2営業日で時価総額22.5兆円失う


[サンフランシスコ 29日 ロイター] - 米株式市場でインターネット関連の高成長「FANG」銘柄を構成するフェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、ネットフリックス<NFLX.O>、グーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>の合計時価総額が、29日までの2営業日で2000億ドル(約22.5兆円)減った。

ここ数年人気化していたFANGも10月に入ってからはそれぞれ14─24%下落しており、窮地に立たされている。

4社合計の時価総額は7月に付けた過去最高の2兆5000億ドルから29日までに1兆9300億ドルに落ち込んだ。

直近でFANG売りの引き金となったのは25日引け後に発表されたアマゾンの四半期決算。業績は市場予想を下回り、同社への競争圧力がついに強まったとの懸念が浮上した。

アマゾンは決算発表以降の2営業日で14%下落しており、2日間の下落率としては2014年以来の大きさとなった。この結果、時価総額がマイクロソフト<MSFT.O>に抜かれ、米企業2位から3位に転落した。

アマゾンの2日大幅続落と他のFANG銘柄の下げによって、FANGの合計時価総額は2000億ドル減少し、1兆9300億ドルとなった。

フェイスブックは30日の米株式市場引け後に決算発表を予定しており、これが再びFANG売りを引き起こす可能性がある。リフィニティブがまとめたアナリスト予想では、第3・四半期は33%増収と、2012年の上場以来で最も低い増収率になったとみられている。

個人情報管理の問題で同社の信頼に傷が付いたほか、コスト負担も増えているため、投資家の間で懸念が強まっている。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  6. 6

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  7. 7

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  8. 8

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

  9. 9

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  10. 10

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。