記事

保護主義にグローバリズムは怯える

トランプが大統領になって自国第一、保護主義を訴えたとき、グローバリストはみんな眉をひそめていた。
わしは、橋下徹とテレビで一対一の対決をやって、自国第一、保護主義を擁護して圧倒した。
トランプ自身の人格は誰だって嫌いだろうが、保護主義の政策には理があると言ったのだ。

今現在の世界情勢を見ているか?
ブラジルで第二のトランプとも言われるボルソナロが大統領選で勝利し、ドイツでも移民反対の保護主義を唱える右派政党が躍進し、ついにメルケル首相が辞任する意志を固めたようだ。

トランプ大統領は南米から押し寄せる移民を食い止めるために、軍隊まで出動させるという。
軍隊は大げさだと思うが、選挙向けのアピールなんだろう。

グローバリズム、自国の産業・自国の雇用より、世界を市場にして儲けよ、もはや人・モノ・カネは国境を超える、移民バンザイと言っていたグローバリストは、この反動を単なる悪しきポピュリズムと見て、非難するか?
イギリスのEU離脱も愚民に国民投票させたせいだと、高みから嘲笑するか?

人類皆兄弟のヒューマニズム・グローバリストは、現在の世界情勢を極右の台頭と悪しざまに論評するのだろう。
わしは当然の反動だと思うけどな。

なお、安倍政権は左翼からは極右と思われているが、自由貿易擁護のグローバリズム支持だから、世界の潮流からは一周遅れである。

あわせて読みたい

「貿易」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  5. 5

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  6. 6

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  7. 7

    共産との共闘隠ぺいする大阪自民

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  9. 9

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  10. 10

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。