記事

「日韓関係の基盤を覆すことだ」玉木代表が徴用工訴訟判決に懸念


 玉木雄一郎代表は30日、韓国最高裁が新日鉄住金社に対し、元徴用工の韓国人4人への損害賠償を支払うよう命じたことについて記者団からの取材に応じた。

 玉木代表は判決について、1965年の日韓請求権協定においてこの問題は解決済であるとして、「受け入れることはできない」と述べた。「日韓関係の基盤を覆すことだ」と今後の日韓関係を懸念し、韓国側への冷静な対応を求めた。

 日本政府に対しては、抗議するところは抗議し、判決を冷静に受け止めてさまざまな課題に協力して当たっていくという基本原則は引き続き進めていくように求めた。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  2. 2

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  3. 3

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  4. 4

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  5. 5

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  7. 7

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  8. 8

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  9. 9

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  10. 10

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。