記事

「追及と提案、魂込めてやっていく」代表質問を終え玉木代表が記者団に語る

1/2

玉木雄一郎代表は29日、衆院本会議の代表質問を終えた後、国会内で記者の質問に答え、質問の手応えや答弁の感想などを述べた。以下はその要旨。

Q:代表質問を終えて、総理の答弁全体を聞いての感想を。

玉木:こちらは内外の諸問題についてかなり本質的な質問をしたつもりだったが、まともに答えてもらえなかった。一つ気になるのはTAGの質問で「GATT24条の自由貿易地域における協定がFTAにはない」という答弁だ。あんなことを言っていたら国際法局長の首が飛ぶような気がする。答えないか、答えても間違っている答弁もあったので、これから各委員会で今日のやりとりを精査した上で同僚議員にそれぞれ厳しく追及していってもらいたい。

Q:今回、代表が重視する「提案」だった、北方領土2島返還や平和的改憲論に、総理から何も回答がなかったようだが。

玉木:何もなかった。2島返還論では、日ソ共同宣言が両国に議会が承認した唯一の合意だというところは歴史的事実と総理も認めた。私も、基本的には「4島の帰属を解決してから平和条約」という立場だが、ご存じのとおり、日ソ共同宣言は平和条約を結んでから2島を引き渡す(内容)。

この膠着した状況を打破するためには、あるいは4島返還の起爆剤にするためにも、日ソ共同宣言に基づく2島先行返還がありうるのかもしれない。平和条約を先に結んでも、領土問題を棚上げしないという約束が取れるのなら、そういった選択肢もあると建設的に提案したが、残念ながら総理は「交渉中のことは言えない」ということだった。

Q:憲法9条に関して自衛権の範囲についてほとんど言っていなかったと思うが。

玉木:総理が言ったことは結果的にはうそだと思う。何も変わらないということではなく、9条2項を残してさらに書くと言うことだが、「前項の規定にかかわらず必要な自衛の措置をとることを妨げず」ということは、結局2項は関係なく、必要性があれば何でも出来る。

自衛隊だけ書いて自衛権の議論が何もないと、私たちもこれまで指摘してきたが、結果として自衛権を書いている。それは無限に広がる自衛権なのだが、これをそのまま認めるのは、さすがに多くの国民の皆さんにも、地球の裏側まで行って、わが国の国益にほとんど関係ないことまでやることを求めている人は少ないと思う。

今日聴いても分かるように(総理は)感情的だ。自衛隊が違憲でかわいそうだ、と言うと、自民党の(議場の)前のほうに座っている人が、感情にあおられて拍手する。(それを見て)ああ、これは(国民投票での)CM広告規制がいるなと思った。冷静ではない憲法議論が行われてしまうことをこれからいかに防止していくかが大事だ。

今後党内で具体的な条文イメージは検討していくが、やはり安倍政権が出したものに単にだめだとだけ言っているだけでは、「議論もしないひどい人たちに任せられないからこれを通しましょう」という感情論に火をつけることになってしまう。冷静に憲法論、法律論として、安倍改憲案のおかしさを浮き上がらせていくことが大事だ。そのひとつの検討項目として、『平和的改憲論』を提案させていただいた。これから党内でも議論を深めていきたいし、それと比べることでいかに安倍改憲案が改悪であることがわかると思う。

Q:野党からは枝野代表が質問に立って、対照的なスタイルだと見えた。玉木さんは提案が非常に細かくて、枝野さんは厳しい批判がトーンだと思ったが、枝野さんの質疑についてどう感じたか。

玉木:枝野さんのことを論評する立場にはない。ただ、私は提案もしたが、相当怒って追及もした。追及項目も負けず劣らず多かったと思う。「許すまじ!」という感じで、壇上でやっているうちにこちらもだんだん腹が立ってきた。安倍政権のおかしなところはやっつけないといけない。

冒頭申し上げたように、国民民主党はおかしなところは他の野党と一緒に徹底追及する。あわせて、日本の進むべきこれからの新しい道を示すことが私たちのもう一つのキャラクターだ。この二つを合わせて、自民党を凌駕するような議論をやっていきたい。引き続き、力を込めて魂を込めてやっていきたいと思う。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。