記事
  • 2012年03月07日 21:13

年老いた母を抱いて病院に連れて行く息子と親に跪かせる娘

中国における親子関係とはどういうものかと思わせてくれる記事をたまたま2つ見つけ、いろいろ思うところがあったので、これについて少し。

1中国の「孝」

中国では儒教の影響などもあり何だかんだ言って、未だに「孝」の概念はかなり強いものがあります(「北京の小学校での性教育」や「中国の「恋人レンタル」」参照)。ある意味まさにそれを象徴するような写真つきの記事を『広州日報』が配信しておりました。

実際この事例は台湾の事例なのですが、息子が年老いた母親を抱いて病院に来ている写真が感動的だということでネット上で話題となり、記者が取材を行ったものです(「男子抱母就医照片流传:抱几分钟谈不上孝顺」)。


画像を見る


2孝行息子

何故このようなことを行ったかの説明もあります。それによると、母親は足を骨折しギブスをつけており、足を曲げることができないので、車いすを使うとまたぶつかって怪我をするのではないかと思ったため、赤ん坊が使う布を用いて母親を抱いて病院につれて行ったそうです。

彼は、こうした行動を孝行者と褒め称えられても、足を骨折させてしまったのは、自分の注意が足りなかったからだと言って、これを否定します。そして母親は40㎏しかなく、数分抱えていたといってどこが孝行者かと再度否定します。

記事を見ると本当に良い人過ぎます。今年85歳になる母親のために彼は5年前に仕事を退職しています。その理由が父親が死亡して、母親が精神不安定になったためで、以来付きっきりで24時間面倒を見ているそうです。

母親は痴呆もあり、そのため、友人との交流も絶ち、妻が世話をするといっても心配だからと自分で面倒をみ、何も用事がなければ、夜も一緒に寝ると書かれています。

個人的には、ここまでできるのかとびっくりしたというのが私の偽らざる感想です。正直、痴呆がある方の世話をするのはかなりきついものがあり、身内でもかなりしんどいはずです。

3反抗的な娘

次に紹介するのはある意味これと反対の事例です。ただ、実際あれだけの人口を抱えた国なので、いろいろな人がいるのが当然であり、特に思春期の頃はいろいろ親に反抗したくもなる時期なので、そういたことが影響を与えているだけかもしれません。

リンク先を見る


何をしているかというと、標題によると(『貼貼』「妈妈在公共场合跪地五分钟.就只是为了要求女兒用功读书」)、これは母親が自分の娘に向かって公衆の場で5分間も跪いて、お願いだからしっかり勉強してくれと頼んでいるところだそうです。

そう言われて見ると、本当に娘の将来のことを心配している母親と、それを鬱陶しく思い、どことなくふて腐れている娘という感じがします。

先に書いたように、反抗期かもしれませんし、若い頃は父母の思いがわからないということも良くあるので、一概にこれについてどうこう言うつもりはありません。もしかすると、この方も先の方と同じ位の年になった頃には親孝行に励んでいるかもしれません。

日本では親子の関係はもう少しドライになっているのではないでしょうか。実際親もあまり子ども達に干渉されるのをきらう方もおります。それに私はあまりに先の方はできすぎていると思うので、別に見習うつもりもありません。

ただ、親子の関係は家族関係においては基本的なものであるが故にいろいろあるなと、この2枚の写真をみて考えせられたが故の今日のエントリーでした。



トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  7. 7

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。