記事

【読書感想】ルポ ひきこもり未満: レールから外れた人たち

1/2

ルポ ひきこもり未満: レールから外れた人たち (集英社新書)
作者: 池上正樹
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2018/09/14
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

ルポ ひきこもり未満 レールから外れた人たち (集英社新書)
作者: 池上正樹
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2018/10/19
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
派遣業務の雇い止め、両親の多重債務、高学歴が仇となった就職活動、親の支配欲…。年齢も立場も、きっかけも様々な彼らに共通するのは、社会から隔絶されて行き場を失ってしまった現状である。たまたま不幸だったから?性格がそうさせているから?否。決して他人事ではない「社会的孤立者」たちの状況を、寄り添いながら詳細にリポート。現代社会の宿痾を暴き出し、解決の道筋を探る。制度と人間関係のはざまで苦しむ彼らの切実な声に、私たちはどう向き合うことができるのか…。

 ひきこもり、といえば、学生の登校拒否を思い浮かべてしまうのですが、実際は、「若者のひきこもり」だけではないのです。  

何かのきっかけでコミュニティとのつながりをいったん手放すと、”社会のレール”といわれている関係性が、すべて切れてしまう。

自分の意図を超えて社会とのつながりが途絶えても、若年者と高齢者に対しては手厚い支援策が施されてきた。しかし、中高年層は「働くことが前提の世代」として制度設計されてきたため、支援が必要というイメージがなく、セーフティーネットの谷間に置かれている。そのため、支援の対象から年齢や状態などで線引きされ、せっかくたどり着いた相談窓口で「排除」されてきたことが、本人や家族を潜在化させ、「ひきこもり」状態などの長期高齢化の要因にもなっていた。

2017年5月に公表された佐賀県の調査では、40代以上が全体の引きこもり層の7割を超えた。同年6〜11月の京都府の調査では、「ひきこもり」状態にある人の4割以上が、行政や医療機関、NPOなどの支援の状況は「不明」と回答するなど、全国的に見ても、ひきこもり層の半数近くは、家族以外、社会の誰ともつながっていないのが、筆者の元に日々寄せられてくるメールを通じての実感だ。

いったん、「レール」から転落することで、生きる意欲を醸成する上で欠かせない社会とのつながりを”遮断”されていく風景は、確実に広がっている。

 子どもや高齢者の「ひきこもり」に関しては、ある意味「わかりやすい」ところがあって、まだ、セーフティネットも充実しているのです。

 それに比べて、「いい歳の大人のひきこもり」に対しては、「本人のキャラクターの問題」とか「真剣に働こうと思えば、仕事はあるのに」というような目で見られがちなんですよね。

 率直に言うと、僕はこの本に出てくる「中高年ひきこもり」に対して、「なんか小難しい理屈ばっかりこねて、著者が手を差し伸べても細かいことにこだわって拒絶したり、『自分は他の連中とは違う』とプライドが高すぎたりして、めんどくさい人が多いなあ」と思わずにはいられませんでした。

 メールのやりとりだけでもくたびれそうな相手に対して、地道にフォローを続けている著者は、本当にすごい。

 以前、ある公的な機関で働いている知合いが、疲れた顔でぼやいていたんですよね。
「支援を受ける側が、みんな、『フランダースの犬』のネロみたいな人ってわけじゃないですからね……」

 「お金」のためなら、したたかさやズルさを全開にする、あるいは、やる気の欠片もないけれど、理屈だけは完璧、という人たちも少なからずいて、支援する側も消耗していく。

 いまの世の中では、誰でも「ひきこもる側」になる可能性があると思う一方で、根本的に生きづらい人というのも存在しているのではないか、と思えてきます。

 著者は、「ひきこもり支援」のゴールが、「就労」や「結婚」とされてきたことに疑念を呈しています。

周囲を気遣って無理して就労しても、雇用の現場が安心できず、自分が壊されると感じれば、自己防衛のために再びひきこもらざるを得なくなる。また、結婚していても、子どもがいても、父親でも母親でも「誰ともつながりがない」「つらい」などとひきこもる人たちがいる。

多くの親は、そうしたひきこもる家族が同居していることを知られると恥ずかしいからと、その存在を地域で隠し、相談することもできない。また、ひきこもる当事者も、自分の存在を恥ずかしがる家族の気持ちを知って、ますます身動きがとれなくなる。

こんな理不尽な目に遭っているのは自分ひとりだけだと思い、絶望と諦めの中で生きる意意志が薄れていき、情報もなければ、家族に万一のことがあったとき、残された当事者は、生きていけなくなる。

社会との関係性が途絶え、誰にも相談することができず、諦めの境地に至った人たちからの悲鳴のようなメールが、最近ますます増える傾向にある。

 この本を読むと、中高年層のひきこもりというのは、子どもの頃から引きこもっていて、というケースだけではないことがわかります。

 若い頃はアルバイトや派遣で収入を得て、あまり他者と深く接することもなく生活していた人が、加齢とともに仕事がなくなり、親も健康を害して、どんどん孤立を深めていく、というのがひとつの典型なのです。

 今は、人とあまり深く付き合わなくても生きていきやすい世の中ではあるのですが、そのことが、孤立を深めやすい要因にもなっています。

 だからといって、「若い頃から、みんなでベッタリ家族のように付き合いましょう!」なんてわけにはいかないし、それはそれでキツいよなあ。

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  3. 3

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

  4. 4

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  5. 5

    シンガポールで面白自販機が増殖

    後藤百合子

  6. 6

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    来日した韓国議員団の反日言行録

    NEWSポストセブン

  8. 8

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    増税こそリーマン級不況生む恐れ

    自由人

  10. 10

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。