記事

ストロング系チューハイがアルコール依存症を加速させる? 医師が宅飲み習慣に警鐘

2/2

「なんとなく晩酌」の裏にある心理

ストロング系チューハイではなくても、なんとなく毎日晩酌をするのが習慣になっているのですが、それも危ないのでしょうか…?

「アルコールが薬である以上は、そこに期待している役割、メリットが必ずあるんですね。だから、『なんとなく毎日晩酌』という背景には、自分では意識していなくても、仕事がきついとか、頑張ったからご褒美が欲しいとか、飲むと癒されるといったことへの期待があります。そしてそれは全て、薬が担っている役割なんです。

ただ、こうした“自己治療”として飲酒を続けていくと、週に3日以上で1日に1合以上(清酒換算)飲酒をする『習慣飲酒』になっていきます。

さらに耐性がついていくと、毎日大量の飲酒をする『脅迫飲酒』へと進行し、最終的には起きている間ずっと飲酒をする『連続飲酒』に陥ってしまいます。こうすると、合併症だけではなく、仕事にもいけなくなり、家族関係も崩壊してしまいます」。

(垣渕医師より提供)

いつでもどこでも、気軽にお酒に手が届くようになったいま、アルコール依存症に陥る可能性は多くの人にあるのではないでしょうか。

垣渕医師は、「まず、自分がどれくらい飲んでいるのかという現状を把握して紙に書き出してみるだけでも変わってきますよ」と話します。

スクリーニングテスト「AUDIT」では、現在の自身の飲酒習慣をチェックすることができるそうです。

AUDIT
https://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/self_check/audit.html
“AUDIT は、6カ国(ノルウェー、オーストラリア、ケニア、ブルガリア、メキシコ、アメリカ)の調査研究に基づいて作成されたアルコール症スクリーニングテストで、人種や性別による差が少ないとされています。 このテストはAUDITのなかでもCore AUDITと呼ばれる10項目の質問にお答えいただき、アルコール依存症や将来の危険性を判定するものです。(”あなたとお酒の関係をセルフチェック!” アサヒビールHP. (参照2018-10-16)

「例えば、ストロング系チューハイ9%のロング缶(500ミリ)に含まれるアルコールの量は36グラム。厚生労働省の指標では、成人男性は1日の目安を20グラムとしているので、1本飲むだけで倍近くオーバーしています。女性だと男性の約半分が目安なので、3倍以上超えてしまっていますね。

全員とは言い切れませんが、これを毎日飲み続けると、耐性がつくスピードは上がりますし、依存度が高くなるまでの期間が短縮される可能性は非常に高いと言えるでしょう」

「飲むのをやめる」のではなく「置き換える」

それでもついつい飲むのをやめられないこともあると思います。どうすればよいのでしょうか?

垣渕医師は「飲酒への依存度を減らすためには、『飲むのをやめる』という意識ではなく、お酒に負わせていた役割をどのように『置き換えるのか』ということがカギになってくる」と話します。

「ストレスというのは元々、物体の外側からかかった圧力で歪みが生じている状態を指す物理学分野の用語ですが、それに対抗してストレスがかかっても病気にならないという能力をレジリエンスといいます。

つまり、依存症になる人はレジリエンスが弱いか、その人のレジリエンスを超えるような苛酷な環境にいるからお酒を薬として使わなくてはいけないという状況です。

そのレジリエンスの力を高めるために、治療では患者さんには自助グループに行っていただいて、シラフの状態で話してストレスを打ち明けてもらうようにしています。そうすると脳が癒されて、お酒を飲まずに家に帰れるようになります。

この置き換え方法は人によって様々です。家族がいて、子供と遊ぶことで仕事のストレスが軽減される人もいる一方で、本当は子供は欲しくなかったけれどもできてしまったという人は家に帰ること自体がストレスという人もいます。実際に、『帰る前にお酒を飲んで酔えば、帰宅後も家族が近寄ってこない』という理由でお酒を飲んでいるうちに依存症になってしまった人もいるぐらいですから。

仕事を頑張った・我慢した場合のご褒美は欲しい。でも、そこでお酒ではない“何か”を行うということが大切です。ジムに行くなど運動にトライしてもいいですし、シラフの状態で愚痴を聞いてもらう相手を見つけるだけでも変わってくるのではないでしょうか」。

あわせて読みたい

「アルコール依存症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  6. 6

    参院選 共産党の変革ぶりに驚き

    早川忠孝

  7. 7

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  8. 8

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  9. 9

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

  10. 10

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。