記事

大和証券G、7―9月期当期利益は前四半期比ー4.2% リテール不振


[東京 29日 ロイター] - 大和証券グループ本社<8601.T>が29日に発表した2018年7―9月期決算は、当期利益が前四半期比4.2%減の177億円となった。リテール部門で新興国通貨の下落により新興国債券の販売が不振だったのに加え、投資銀行部門や投資部門の赤字も響いた。

部門別では、リテール部門の経常利益が同32.1%減の67億円、ホールセール部門は同6.4%増の74億円だった。

リテール部門は新興国通貨下落の影響に加えて、日本株の取引も低迷した。

ホールセール部門は、市場部門の投資家向け米国株の取引が好調で、ホールセール部門全体の収益をけん引した。しかし、投資銀行部門は、株式の引受業務が不調だったのに加え、米国で完全子会社化したM&A助言子会社、DCSアドバイザリーののれん償却などを計上し、14億円の赤字(前期は8億円の黒字)と振るわなかった。会見した小松幹太・専務執行役(最高財務責任者、CFO)はDCSについて「現状ではまだ収益に貢献できていない。ただ、大和のネットワークに入り、グローバルな体制が固まっている。今後M&Aの収益は上がってくる」と説明した。

投資部門では、投資案件の再評価に伴い減損損失を計上し、経常損益は23億円の赤字(前期は17億円の黒字)に落ち込んだ。

小松専務執行役は上期の決算について「期間損益は振るわなかった」とする一方で、下期の見通しについて「日本株市場はそんなに悪くならない。ホールセール部門ではパイプラインもあり、上期もよりもよくなる見通しだ」と語った。

(布施太郎)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  7. 7

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  8. 8

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  9. 9

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  10. 10

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。