記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:暴走気味なスマホ価格の高額化。メーカー各社のハイブランド戦略とそれに反発する低価格スマホ市場の賑わいの二極化について考える【コラム】

1/2

ハイエンドスマホの高額化とスマホ価格の二極化について考えてみた!

今月10日、Googleが都内にて「新製品記者発表会」を開催し、最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載した新型スマホ「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)および「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を発表しました。すでにNTTドコモとソフトバンク、およびGoogle公式オンラインショップ「Gooleストア」(SIMフリー版)から11月1日に発売が予定されていますが、その価格は最も安いPixel 3/64GBモデルで95,000円(以下、全て税込)、最も高いPixel 3 XL/128GBモデルで131,000円となっています。

これまでGoogleの発売するAndroidスマホはリファレンスモデル的な位置付けとして市場からは捉えられ、性能面はオーソドックスながらも価格は比較的安価なイメージがありました。しかし今回は単なるサイズ違いではなく上部に切り欠きのあるノッチデザインを採用したモデル(Pixel 3 XL)を個別に用意したり、無接点充電「Qi」の採用やカメラ機能の充実を図るなど他社ハイエンド製品にも劣らない仕様を満載し、価格も予想を遥かに上回る約10万~13万円となりました。

筆者の友人の1人は「今iPhone 7使ってるしiPhone XSが欲しいけど値段が高くて……」と、安価なAndroidスマホへの機種変更も視野に入れていたようですが、Pixel 3シリーズに限らずGalaxyやXperiaといった有名ブランドのスマホが軒並み高額で、結局「あまり変わらないならiPhoneでいいか」とOS変更を諦めていました(なお、比較的安価なHUAWEI端末なども勧めてみましたが反応はイマイチでした)。

筆者自身もiPhone XSが発表された際、あまりの価格の高さに少し驚きつつ「でもiPhone 8が安くなるから……」と苦しい言い訳を自分へ言い聞かせていましたが、絶対値としてのハイエンド製品の高額化は業界全体の流れとして正しく受け止めなければならないでしょう。一方で、比較的安価で必要十分な性能の魅力的な端末も増えてきているのは事実です。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなスマホの価格の高騰や二極化を中心にこれからの市場動向を占ってみたいと思います。

スマホはどこまで高くなるのか

■スマホの「恐竜化」が止まらない

一言で言ってしまえば、スマホの性能が成熟期を超えて停滞期に入りつつあるのです。誰もが満足する端末を用意することが至上命題であった2010年~2014年頃が最も性能の伸びやOSの安定性を重視した時期であり、iPhoneにとってもAndroidスマホにとっても成長期でした。2015年あたりからは性能面(動作面)での不満が少なくなり、いよいよ「一般利用で過不足なく必要十分」に利用できる成熟期へと突入しましたが、メーカーがそこで立ち止まるわけには行きません。止まってしまったら買い替えてもらえなくなってしまうからです。

そこで生まれるのが「ユーザーニーズの発掘」です。ユーザーが求めるものは何か、ユーザーが喜ぶ機能は何かとメーカーは必死に需要を探り出し、そこにターゲットを絞って商品を開発します。例えばその最たる機能はカメラです。レンズユニットは高性能化しユニット数も2基・3基と増え続けています。当然それは部品価格の高騰にも繋がり、またその高度な画像処理のためにより高速なチップセットや専用チップの搭載などが行われます。現在生き残っているメーカーや急成長を遂げたメーカーは、その需要の発掘に成功したメーカーだと言えるでしょう。

そうして喚起されたニーズはトレンドとして各メーカーへさらに波及し、大きな時代の流れを作ります。大きな画面でキレイな写真を見たい。いつでもどこでも簡単に自分をキレイに撮りたい。そういった需要が現在の大型化した高額スマホを生み出したのです。

Xperia XZ2 Premiumのカメラ技術。最新技術の惜しみない投入は目覚ましい性能向上と引き換えに端末の高額化を生んだ

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。