記事

間違えるから、間違えなくなる。無謬主義ニッポンが没落している理由

1/2

ある方に教えてもらったiPhoneの読み上げ機能が便利だ。最初は、鬱陶しいVoiceOver機能と取っ組み合ったりいろいろ失敗したが、なんとか使えるようになった。英語など多国語で読み上げるときはいちいち設定を変えねばならず面倒なので、今の所日本語限定で使っている。

これを使うとKindleを読み上げてくれるので、ジョギングしながら本を読める。オーディオブックじゃなくてもよいのが、とても便利だ。

読み上げは正直ぎこちない。小説はあまりオススメできない。たぶん、ビジネス本あたりが一番活用しやすそうだ。もっとも、ぼくは本屋に売ってるビジネス本と健康本は読むだけ時間の無駄だと考えてるので、一切読まないけど。

そりゃ、志ん朝が朗読した池波正太郎とか、オーソン・ウエルズの宇宙戦争とかのほうが素晴らしいに決まっている。けれども、書籍の録音はとてもレイバーインテンシブで、多くの書籍はオーディオ版を持たない。艶っぽい内容の官能小説や、下品なギャグの多い本などはそもそも録音したがらない人も多い。それに比べると、読み上げ機能の汎用性の高さは圧倒的で、今朝の新聞だって読んでくれるのだから、その便利さが、喋りのぎこちなさをいとも簡単に相殺してくれる。とくに、視覚障害のある方には素晴らしいツールだろう。

漢字の読み間違えはわりと多い。ロワールおおやけ、ギリシアただしきょういたずら、などと読む(分かります?)。そういう意味でも簡単な漢字がほとんどのビジネス本向けだ。でも、イントネーションはわりと正しい。「わーたーしーはーうちゅうじんですー」という中国語の一音だけ、みたいな読み方ではない。「実行」であれば、二音、一音的にイントネーションが正しくついている。賢いな〜。

で、「ついたちのちょうがある」と読まれたときは、おおっと思った。「一日」を「ついたち」と読めるAIの頭の良さと、「一日の長」と書くときは「いちじつ」としか読めない日本語の難解さに、である。日本語が外国人泣かせなわけである。そりゃ、日本の首相や副首相がちょっと漢字の読み方間違えたくらいは、ダイモクに、いや、大目に見るべきだ。ちなみに5月6日は「さつきむいか」と読んでいた。知性を感じるではないか。

ぼくが感じ入ったのは、これだけエラーが多く、おそらくそれなりにクレームもあるであろうこの日本語読み上げ機能をアップルが実装した勇気にある。間違いは多い。欠点も多い。けど、ないよりもあったほうがずっと便利。そういうプラグマティズムを感じる。

これが日本の企業であればどうだろう。間違いが見つかる間は、こういうものは商品化しないのではないだろうか。あそこが間違っている、ここがおかしい、と重箱の隅をつつくタイプのチェックを重ねるのではなかろうか。

外国に住んだことのある人は、各国の役所の仕事が雑でいい加減なことに嘆いた経験を持っていよう。日本の「お役所仕事」は世界一で、本当に正確だ。しかし、融通がきかないし、間違えても修正が効かない。1円も計算ミスが許されない銀行業務にも似たところがある。

あわせて読みたい

「企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  3. 3

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  10. 10

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。