記事

「ジャーナリスト」と真の英雄

1/2

フリージャーナリスト安田純平さんが無事解放されました。このことは大変喜ばしいニュースだと思います。本来、喜ぶべきニュースであるにも拘わらず、なぜ、ネット上でバッシングが起きるのか、この点については、別途考える必要があると思っています。

ネット上の「世論」は、端的にいうと、その人(あるいはその人の属性)が好きか、嫌いかというスタンスの違いで形成されていくという側面があることは否めません。インターネットは、一方的に放送されるテレビメディア等とは異なり、自らの嗜好によって、情報を取捨選択することができる点が大きな違いです。

そのため、今回のケースで言えば、「ジャーナリスト」という属性に対して好ましくない考えを持っている人が、ある一方では集まり、ある一方では政権与党に対して好ましくない考えを持っている人が集まって、それぞれの言論を構成しているのではないかと思います。

私個人としては、「ジャーナリスト」が危険な場所に赴き、取材することについては、命がけで自らの職責を果たそうとしているという意味で尊敬に値すると思っています。危険だという理由で誰も行かなければ、一般人にとって、現場の状況は全く分かりませんし、知ることもできません。危険な戦場でジャーナリストが撮影した一枚の写真が、戦争を終わらせ、多くの人命を救うこともあるのですから、そのような「ジャーナリスト」の活動は崇高なものというべきでしょう。

ただ、現在では、ビデオカメラやパソコン、各種通信機器が、安価で準備できるようになり、誰でもインターネット上に情報発信ができるようになりました。その意味は、誰もが「ジャーナリスト」になれてしまいます。その中には、見方によっては、単なる「旅行者」と変わらないレベルの人がいるかもしれません。

結局のところ、その人が、「ジャーナリスト」なのかについては、その人のこれまでの報道内容、取材によって報道しようと考えた内容を含めて検証されなければならないと思っています。

また、「ジャーナリスト」であれば、相応の準備、リスク管理は当然に求められることになります。いかに自らの職責が崇高であるとしても、あまりにも無防備であったとすれば、それは、プロフェッショナルと呼ぶにはほど遠いと言わざるを得ません。

その意味で、今回無事に救出された安田さんが、どの程度の事前準備をしていたのかについては、検証されてしかるべきであると思います。雪山で遭難した人が救助された場合、その装備については、同様の事件が起きないようにするために、必ず検証され、議論されるのですから、それは、「ジャーナリスト」としても、同じことだと思います。

あわせて読みたい

「安田純平」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。