記事

「ぼくは、学校のじゃまものなんだ」いじめを手紙で訴えた男子中学生。SOSを無視され、3度の自殺未遂。車椅子生活に 埼玉県川口市

1/2

埼玉県川口市立中学校の男子生徒・政則(15、仮名)が、入学当初から悪口や仲間はずれなどのいじめが続き、自殺を3回図った。政則は、何度もいじめを訴える手紙を学校側に送った。しかし、学校側は適切な対応を取らず、いじめは止まなかった。3度目の自殺未遂で重体となり、現在は車椅子生活だ。

男子生徒の母親・玲香(43、仮名)は、筆者の取材に応じた。提出した手紙の内容には、SOS、つまり自殺のサインと思われる内容が書かれていた。

学校に行くべきか、どう接するべきか。頭の中で作戦会議

母親の玲香によると、政則は2016年4月に中学校に入学、同時にサッカー部に入った。サッカー部の同級生や上級生から悪口を言われたり、仲間はずれにされた。政則は学校に行くことを渋るようになる。

「朝、政則は学校に行ってないことがありました。探すと、公園にいました。学校に行くべきか。いじめている相手とどう接するかを考えて、頭の中で作戦会議をしていたようなんです。私が見つけると、政則はそのまま学校へ行きました」(玲香)

この頃、玲香は、政則がいじめを受けているのではないかと感じ始めていた。

「カバンにスパイクの跡があったんです。間違って踏まれたものではないように見えました。話を聞くと、いじめのことを話しました。私は『無理して学校に行かなくていい』と言いました」

相談した担任は、ストレートに指導。その後、見えないところでいじめが…

政則は中学でサッカーを始めた。上手でなくても当たり前だ。しかし、同級生や先輩から「下手くそ!」「ちゃんと取れよ!」と言われたり、いじめのターゲットにされていく。玲香は顧問の教師に、政則がされていることを伝えた。顧問は「知りませんでした、気をつけます。すみません」と答えた。しかし、その後もいじめは続いた。

政則は、担任に相談した。すると、クラスメイトの加害者に対してストレートな物言いで指導をしたというが、その後は、担任が見えないところでのいじめが始まった。校外学習では一人で弁当を食べることにもなった。玲香は担任に電話でいじめのことを伝えるが、「本当にわかっているのか、電話を早く終わらせようとしている感じだった」と振り返る。

「サッカー部の友達からいじめられている」手紙を担任に渡すが…

この頃、自由ノートで政則と担任がやりとりをしていた。いじめのことを知ってか、担任は「がんばれ、がんばれ」と書いていた。政則は「これ以上、どう頑張ればいいんですか?」と本人が書いていたという。夏休みの宿題としての作文「人権について」にはこう書いている。

<ぼくは、小5、6、今もいじめられて、かげで悪口やなかまはづれをされています。ぼくの存在って、存在なんてなくなればいいと思います>(原文ママ)

夏休みが明けの9月、政則は、何度か担任に手紙を書いた。

<ぼくは、サッカー部の友達からいじめられている。特にAくんが周りに言うと、BとCとDとEとFとGとHとI、2年の先ぱいたちに仲間はずれにされたり、むしされたり、かげ口を聞こえるようにする。...(中略)...1年1組のJ先生に話をするとすぐにあいてに言う。ってまた見えないところでいじめられる。だからJ先生に話したりするのが怖い>(9月1日、筆者注:アルファベット部分は実名が書かれているが、匿名にした)

書いた手紙は翌日に渡していた。手紙を渡した翌2日には、玲香と担任が電話で話をしている。そのとき、玲香によると、担任は「話しやすい先生に話せばいい。今後、いっさい。僕に相談しないように」と言っていたという。それに玲香は怒った。この光景を見て、政則はこう書いた。

<今日も先生からでんわがあった。母さんが言えないぼくのかわりに話を先生にしたのに先生は僕をみすてた。母さんが怒っている姿を見て、すぐにわかった。ぼくは学校に行ってはいけないんだ>(9月2日)

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  5. 5

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  6. 6

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  7. 7

    共産との共闘隠ぺいする大阪自民

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  9. 9

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  10. 10

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。