記事

放送枠拡大で劣化が激しい「ニュースモーニングサテライト

1998年10月からスタートした朝の経済報道番組「ニュースモーニングサテライト」。欧米の金融市場の動向を知るうえで貴重な番組であるため、その前身の「マーケットLIVE」時代から20年以上視聴し続けている。

ネットが未発達だった1990年代半ばは勿論、ネットが発達した今日でも、食事をしながらでも、布団の中で横になりながらも情報を得られるという点では貴重な番組であり続けている。

しかし、その貴重な番組の質は、20年という時間を経て目を覆いたくなるほど劣化してきている。最近始まった「モーサテQuiz」やら「トップの勝負飯」「QuickのAIを使った株価予想」など全て朝の経済情報番組には不必要な贅肉にほかならない。

番組に登場するコメンテーターも、証券会社のエコノミストやストラテジストといった肩書以外に専門性を感じさせられない広告宣伝部員のような人ばかりになっており、専門家として有益な分析や着眼点を披露できるのは2~3人しかいないのが実情。

30分番組であった頃はコンパクトに情報を得られる貴重な情報番組であったが、贅肉と悪玉コレステロールを増やし、ダラダラと放送時間を1時間20分まで肥大化してしまった今、この番組の魅力と貴重性は大幅に低下してしまっている。

以前は「オンタイマー」機能を使ってで5:45の番組冒頭から見ていたが、今は番組を録画し、30分後位から「早送り」と「スキップ」機能を駆使して見るようになっている。

情報が溢れている今日、「進化とは無駄な情報を切り落としていくことである」ということを再認識して原点に戻ってもらいたいものだ。30分でもいいので「早送り」と「スキップ」機能を駆使せずに済む「筋肉質の番組」に戻って貰いたいと思っているのは小生だけなのだろうか。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  4. 4

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  5. 5

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  8. 8

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。