記事

"甘えの連鎖"に墜ちた三田親子の精神構造

女優・三田佳子さんの次男・高橋祐也被告が、また薬物事件で逮捕された。逮捕はこれで4度目だ。精神科医の片田珠美氏は、「三田さんは次男に多額の小遣いを与えてきたと報じられている。報道が事実なら、三田さんは次男の薬物依存を助長する“イネイブラー”である可能性が高い」という。親子が「共依存」に陥るメカニズムとは――。

38歳の息子の保釈金300万円を女優・三田佳子は払ったのか?

女優の三田佳子さん(77)が、覚せい剤取締法違反の罪で東京地検に起訴された次男の高橋祐也被告(38)のために300万円の保釈金を支払ったのではないかと取り沙汰されている。

今回の長男の逮捕を受け、三田さんは所属事務所を通じて「親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人ももう40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」とコメント(写真=時事通信フォト、2016年10月)

三田さんの次男が薬物で逮捕・起訴されたのは今回で4度目である。これまで逮捕のたびに三田さんが保釈金を払ってきたので、今回もやはり母親ではないかとの憶測から、「甘すぎる」という厳しい声が上がっている。

また、三田さんがかなり多額の小遣いを次男に渡していたという報道もある。さらに、次男は女性問題や暴力沙汰をしょっちゅう起こしていたのに、これまで表沙汰にならなかったのは、そのたびに三田さんが示談金で解決してきたからだとも報じられている。

一連の報道が事実とすれば、三田さんは次男にお金を与えるだけでなく、次男が次々に起こすトラブルを処理することを続けてきたわけで、典型的なイネイブラー(enabler)と考えられる。

イネイブラーとは、依存症患者の周囲にいて、薬物やアルコールを購入するお金を与えたり、不始末の尻ぬぐいをしたりする人物であり、「支え手」と訳されることが多い。

イネイブラー本人は、依存症から抜け出す手助けをしているつもりである。だが、実際には正反対の結果を招く場合がほとんどだ。三田さんも、次男が惨めな思いをしないように、そして犯罪に手を染めないようにという親心から、多額の小遣いを渡していたのだろうが、それが覚せい剤を購入するために使われたわけだから、むしろ依存症を助長したといえる。

依存症患者と「イネイブラー」は共依存に陥りやすい

困ったことに、依存症患者とイネイブラーは共依存に陥りやすい。共依存関係においては、イネイブラーは過剰な献身を繰り返すことによってしか、イネイブラーは自分自身の存在意義を確認できない。たとえば、アルコール依存症の夫を持つ妻が、酔って暴れる夫のDVに「自分さえ我慢すれば」と耐えながら、要求されるたびに酒代を渡す。

「母親と息子」も共依存に陥りやすい。三田さんの次男も、遊ぶ金を両親にせびり、拒否されると暴れて刃物を突き付けたこともあると報じられているので、共依存関係を疑わずにはいられない。

もしかしたら、売れっ子だった三田さんは、「忙しさにかまけて母親らしいことをしてあげられなかった」という後悔の念や「私が女優だったから寂しい思いをさせた」という罪悪感にさいなまれているのかもしれない。

そのせいで、次男に小遣いを与え、トラブルを処理し続けることによって、母親の役割を果たせるし、罪滅ぼしもできると思っているのなら、絵に描いたようなイネイブラーである。

もっとも、イネイブラーがそこまで献身を捧げても、依存症患者は感謝するどころか、むしろ敵意を募らせることが少なくない。なぜかといえば、イネイブラーに依存した状態は不本意で、情けないからだ。だから、自立できないのも、何をやってもうまくいかないのも本当は自業自得のはずなのに、その悔しさや怒りをすべて依存対象であるイネイブラーに向ける。

ときには、「お前のせいでこうなった」とイネイブラーを責めることもある。それでも、経済的にも精神的にもイネイブラーに依存せずにはいられない。その葛藤ゆえに、敵意を抱きながら依存する敵対的依存の状態が続く。

せびる息子に毎回「これが最後よ」と金を渡す

このような共依存は、芸能人の家庭だけでなく、一般の家庭でも起こりうる。とくに親が金持ちで、世間体を人一倍気にする家庭では、子どものトラブルが表沙汰になることを恐れ、お金で解決しようとしがちだ。

私の長年の臨床経験では、息子の場合はギャンブル依存、娘の場合は買い物依存が多い。たとえば、30代の息子がギャンブルにはまって多額の借金を作り、母親に泣きついては払ってもらうことを繰り返しているケースがある。母親は息子にお金を渡す際に「これで最後よ」と告げるそうだが、息子は性懲りもなくギャンブルを続けている。

イネイブラーの典型その1)

ギャンブル中毒の息子にお金を払う母親

そのため、亡夫の遺産から息子に渡すお金を捻出していた母親も、さすがに最近は自分の生活だけで一杯一杯になり、息子に「もうお金がないの」と伝えたところ、「俺がどうなってもいいのか。ヤクザに殺されてもいいのか」と怒鳴られたという。

それ以来、息子の借金を返してやりたいが、亡夫の遺産が底をつきかけている状況では、今後の生活への不安が強く、もんもんと考えていたら夜眠れなくなった。それで、私の外来を受診したわけである。

私が「息子さんはもう大人なんだから、借金は自分でなんとかするのが筋。息子さんの借金を払ってあげる必要はありません」と助言したところ、「でも、私が払ってやらなかったら、息子はひどい目に遭うかもしれない。それに、警察沙汰になったら家の恥だから、私が払ってやるしかない」という答えが返ってきた。

それ以後も、自宅を抵当に入れてまで息子の借金を返すためのお金を工面しているようだが、これではいくら睡眠導入剤や抗不安薬を服用しても、根本的な解決にはならないと思う。


「仕送りをやめたら娘は水商売の世界に入ってしまうかも」


イネイブラーの典型その2)

買い物依存の娘に月20万円仕送りする母親

買い物依存の娘のために、月に20万円以上仕送りしている母親もいる。30代のこの娘は東京で独り暮らしをしており、自称モデルのようだが、そんなに仕事があるわけではないらしい。だから、オーディションを受け続けなければならず、そのためには衣装代、化粧品代、アクセサリー代、エステ代などがかかると訴えて母親にお金をせびるという。

もっとも、母親の仕送りは焼け石に水のようだ。高級ブランドの製品をクレジットカードで買いまくり、しかもリボ払いにしていたため、支払残高がかなりの額になっていて、しょっちゅう母親に電話で泣きつくらしい。

「仕送りやめたら娘は水商売の世界に入るかもしれない」

問題は、母親が娘に仕送りをしていたことが息子の嫁にばれたことだ。母親は、夫に先立たれてから「経済的に不安だし、寂しい」という理由で息子夫婦と同居するようになり、高収入の息子から小遣いをもらっていた。ところが、息子から小遣いをもらいながら、娘に仕送りをしていたことが息子夫婦に発覚し、嫁は「そんなの筋が通らない。おかしい」と激怒した。

息子は「母さんにあげたお金だから、好きなように使えばいい」と取りなそうとしたが、それがかえって火に油を注ぐことになった。嫁は「お義母さんへの小遣いをやめるべき。お義母さんには仕送りをするだけの余裕があるのだから、小遣いをあげる必要はない。これからも小遣いをあげるのなら、同居をやめる」と言い出したのだ。

そのため、母親は息子の嫁と冷戦状態になり、口もきかなくなった。息子の嫁と顔を合わせるたびにイライラするうえ、同居を解消されたらどうしようという不安も強くなったので、私の外来を受診したという。

話を聞いて、娘への仕送りをやめれば、息子の嫁との間に波風を立てずにすむと思ったので、そう伝えた。すると、「だって、仕送りをやめたら、娘は借金を返すために水商売の世界に入るかもしれない。借金を返せなかったら、カード破産するかもしれない。どちらにしても家の恥」という答えが返ってきた。

そこで、「娘さんが借金を作ったのは、買い物依存のせいでしょう。娘さんに仕送りを続けることが、むしろ買い物依存から抜け出すのを妨げているんですよ」と説明したが、この母親は納得しなかった。そして、2度と来院しなかった。

「わが子のため」と思ってお金を渡し、子供をダメにする

ここで紹介した母親は2人とも、典型的なイネイブラーである。わが子のためと思ってお金を渡し続けているが、それがむしろギャンブル依存や買い物依存を助長していることに、気づいていない。

こういう親は、まず自分がイネイブラーになっているという自覚を持つことが必要だ。そのうえで、いい年をした子供への経済的援助は即刻やめるべきである。

(写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「薬物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    貧困シングルマザー生む単独親権

    田中俊英

  3. 3

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  4. 4

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  5. 5

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  6. 6

    HDD流出 騙しで揺らぐ信用業務

    自由人

  7. 7

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

  8. 8

    「甲子園は商業的」報じない朝日

    メディアゴン

  9. 9

    オタク差別扇動? 社会学者に呆れ

    狐志庵

  10. 10

    話題の肛門日光浴 医学根拠なし

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。