記事

イタリア産のトマトソースは経済移民の奴隷的な苛酷労働で作られている!?

1/2

南イタリアでは、アフリカなどから流れ着いた「経済移民」*が貧しい暮らしを送り、ギャングたちに搾取され、トマト農園でこき使われている現状がある。そこに誕生したコミュニティプロジェクト「サンカラの家」が、約200人の移民労働者たちにとって、わずかな希望の光となっている。

*経済移民: 経済的貧困に陥り、雇用や所得を求めて他国に移住しようとする人々。

農場から戻ったイブラヒムは、うす汚れたコンクリート2階建ての屋上へ上がり、しばらくそこに立ち尽くす。視界を遮るものは何もない。起伏の少ないフォッジャの街には、まるで定規で引いたかのような道路がいくつも伸びている。その脇には、農場、オリーブ畑、田畑が広がっている。

車を30分も飛ばせば、ビーチや高級ホテルが建ち並ぶアドリア海沿岸だが、イブラヒムには全く縁のない場所だ。8月、猛烈な日差しが降り注ぐ時期になると、観光客はビーチに群がり、フォッジャの街に残されるのは、イブラヒムのようにほんのわずかな賃金で奴隷のように働く移民たちだけだ。



移民の労働力なくしては成り立たないイタリアの農業実態

移民の大半は、暴力、貧困、無秩序が蔓延する町外れのスラム街で暮らしている。イブラヒムはそこを逃げ出し「サンカラの家」へやって来た。移民たちの環境改善を目指すコミュニティプロジェクトだ。

ここには約200人が暮らしているが、それはこの地で働く移民労働者のほんの数パーセントにすぎない。二段ベッド、シャワー室、温かい食事が提供されて「生活レベルが上った」と喜ぶ彼らの姿から、この地の農業労働者の窮状が浮き彫りになる。

イブラヒムは二段ベッドで横になり、サッカー選手になる夢を見る。ルームメイトからは「イニエスタ(*)」と呼ばれているが、彼の稼ぎは300kg入る木箱をトマトで満杯にしても3.5ユーロ(500円弱)だ。

*1 イニエスタ: スペイン・サッカーリーグ「FCバルセロナ」で年間500万ユーロを稼ぐスター選手。2018年5月、ヴィッセル神戸に移籍。

ヨーロッパで、イブラヒムのような人々は「経済移民」と呼ばれる。シチリア島、カラブリア州、そしてここプーリア州フォッジャ地域では、若くてたくましい移民たちが、わずかな賃金で、トマト、オレンジ、オリーブ、ナスなど農作物の収穫に勤しんでいる。「難民経済」なるものがすでに確立されているのだ。

イタリアの農業は移民によって成り立っているようなもの。政府はリビアの沿岸警備隊にボートで地中海を渡ろうとする移民を阻止するよう交渉しているが、南部の野菜農家にすれば、不定期にやって来る移民たちに大いに助けられているのが実情である。

農業機械が大規模に使われ自動化が進んだとはいえ、イタリアの農業は大きなプレッシャーにさらされている。というのも、中国が繊維製品のみならず、農産物、とりわけトマトの輸出に力を入れているからだ。

ドイツの新聞「ハンデルスブラット(Handelsblatt)」紙はこの状況を「赤い洪水」と呼ぶ。価格競争を勝ち抜くため、農家は安い季節労働者に頼らざるを得ない。地中海を渡ってヨーロッパに流れ着くアフリカ人だけでなく、ブルガリア人、ルーマニア人、ロマやシンティ(以前はジプシーと呼ばれていた人々)をも当てにしている。季節労働者たちは時給3〜4ユーロ(400-500円)で働き、街外れの古い倉庫や、古びた穀物倉庫で生活している。



移民の大半が暮らすスラムと「元締めシステム」

イブラヒムに言わせると、スラム街は「地元イタリア人の目には届かない、その場しのぎの居住地」だ。古いトレーラー、コンテナ、木造小屋で生活し、電気や水道はない。夏場は、段ボール、ボール紙、防水シートでシェルターを作る。トマトの収穫期が終わると、今度はイタリア本土南端のカラブリア州に移動し、柑橘類の収穫だ。



移民コミュニティの中には厳格な序列システムが存在し、ごく少数の「元締め」がすべてを牛耳っている。軍隊式に「兵長殿」と呼ばれ、スラム街の安い労働力を農家に斡旋する「サービス」で報酬を得ている。トマトの木箱を満杯にして50セント、農場まで送ってもらうと5ユーロ。「元締め」に逆らうことは許されない。

交通手段、食糧、水、娯楽...すべてに「元締め」がマージンを取る。当局の査察は入らず、法律も適用されない。

スラム街ではあらゆることにお金がかかります。人が死んでも、誰も気づきません。

フォッジャでは、多くの人がこの問題の核心に触れようとしない。私たちがインタビューの約束を取り付けた相手も、所定の場所に現れなかった。とある情報提供者も、それ以上話したくなくなると突然電話を切った。邪険な扱いを受けたこともしょっちゅうだ。



そうこうしてるうちに、善と悪の境界が曖昧になっていく。労働組合でさえ、労働者と農場に出たいと申し出ると音信不通になった。亡命申請の手続き中で労働許可が下りていない移民たちが朝の街で「元締め」を待っていようと、役人たちも見て見ぬふりだ。

「これがイタリアの本当の姿です」エルベは苦笑する。

この街には規則も法律も信頼も存在しない。誰も現実の話をしたがらない、そんな印象を受ける。警察が賄賂を受け取り、検察官がマフィアに恐喝されるこの地では、エルベの計画は途方もないものに思えてくる。農場を拡大し、住民らにまともな仕事を生み出そうとしているのだから。

あわせて読みたい

「イタリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  2. 2

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  3. 3

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  5. 5

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  6. 6

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  7. 7

    マツコ 人付き合いない方がいい

    キャリコネニュース

  8. 8

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  9. 9

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日本が韓国を提訴 金融支援巡り

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。