記事

「パスポートを持たない日本人」の件

「パスポートを持たない日本人を、トルコの入国管理施設で保護しているという情報を、カタールから得て」という複雑な経路で、シリアで拘束されていた日本人のフリージャーナリストの解放が確認されたというので、その人が今朝の新聞のトップに写真付きで紹介されていた。

フリージャーナリストは、文字通りに各自の信念で世界の紛争地域にも入って行く。しかし他国で拘束されれば、日本政府は「自己責任だから」と放っておくわけにも行かない。外交手続きを踏んで確認と帰国への方策を進めて行くようだ。帰国したら、マスコミが取り囲んで派手な報道合戦を繰り広げることだろう。

予想されるのは、「勝手な行動で政府・国民に迷惑をかけた」というバッシングである。それを見越したかのように、ネット上では「なるべく騒ぎを大きくしないで、そっとしておいてあげましょう」という提言が出ていた。私もそれに同感する。家族としたら、何よりもまず無事を喜んで、拘束中の苦悩を癒してあげたいことだろう。

もちろん、身の危険をかえりみずに現場を見てきたのだから、その見聞には大きな価値がある。それはいずれ、本人の口から語られるだろう。フリージャーナリストの使命とは何か、本人が誰よりも強く認識しているに違いない。
価値ある報告をまとめるためには、落ち着いた時間も必要になる。取り囲んで質問責めにするよりも、順を追った長期にわたる取材をするのがいい。

ふだんの私たちは、安全な日本にいて、無意識のうちに法的にも守られている。使命感をもって世界に出て行く勇気ある人たちを、敬意をもって見守ってあげたいと思う。 

あわせて読みたい

「安田純平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  4. 4

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  5. 5

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。