記事

皇族が距離を置く式典の警護対象リストに「小室圭さん」の怪

【23日、誕生日のご挨拶のため、御所へ向かわれる眞子さま(撮影/JMPA)】

「小室圭さんが、東京都心の“ある場所”に姿を見せる。しかも、眞子さまの誕生日の当日に──」。皇居の門から目と鼻の先の建物の中。集まった新聞やテレビの記者10人弱の前で、そんな情報が飛び出したのは、眞子さまの誕生日(10月23日)の4日前のことだった。記者たちは、メモに落としていた視線をハッと上げた。

「それはニュースですね。いつアメリカから帰国するんですか?」

 記者の1人が尋ねると、情報源はこう答えたという。

「それはわからない。ただ、小室さんがそこに来るための準備が進められている。それは、確かなことだ」

◆警護対象者リストに名前

 帰国情報をさらに詳しく言うと、こうだ。

「眞子さまの誕生日当日、皇居や、秋篠宮邸のある赤坂御用地からほど近い『憲政記念館』(永田町)で行われる政府主催の式典に、小室さんが招待されて出席するというのです。眞子さまが御所で両陛下と昼食を取られている、まさにその頃が、式典が挙行される時間でした」(テレビ局社会部記者)

 10月23日、憲政記念館では、明治維新から150年が経ったことを記念する「明治150年記念式典」が、安倍晋三首相(64才)や衆参両議院議長、最高裁判所長官らの出席のもと、政財界や学識経験者ら400名近くが集まって盛大に行われる予定だった。

「なぜ小室さんがそのような式典に出席するのか、その理由がわかりませんでした。ただ、式典は“思想性”というか、“政治色”が強いため、市民団体による抗議や反対表明のデモがいくつも行われる予定で、総理や衆参議長ら要人には安全確保のために警護をつける必要がありました。その警護対象者リストの中に『小室圭』という名前があったようです」(全国紙政治部記者)

本当に小室さん(27才)がこの式典に出席するとなれば、すぐ近くで27才になられたばかりの眞子さまとの時間が作られるに違いない──情報を入手した皇室記者たちは、いち早く詳しいスケジュールやその意図を把握しようと、関係各方面に探りを入れ始めた。

 神奈川・横浜。小室さんの自宅マンション周辺でも、警察官による巡回の頻度が、普段より高くなっていたという。

「いつもと様子が違うこともあり、近隣住民も“小室さんが帰国するのか”“しばらく姿を見せていなかった母親の佳代さんが戻ってくるのか”と訝しがっていました」(皇室記者)

 そして、各社とも取材を進めていくうち、1つの結論に辿り着く。それは、「もしこの式典に出席するなら、眞子さまとの結婚は、もうありえない」というものだった。

◆皇族は誰1人として出席していない

 小室さんが出席するとされた明治150年記念式典は、安倍首相の肝いりの企画だとされる。

《150年前、明治日本の新たな国創りは、植民地支配の波がアジアに押し寄せる、その大きな危機感と共に、スタートしました》
《150年前の先人たちと同じように、未来は変えられると信じ、行動を起こすことができるかどうかにかかっています》

 安倍首相は今年の年頭所感でもそう熱弁を振るうほど、「明治日本」の信奉者だ。改元から150年に当たる今年はこの式典を含め、国が主体となって147の、都道府県など自治体が主体となって1018の関連事業を行うなど、まさに「明治維新アニバーサリーイヤー」。

「しかし、明治時代の富国強兵や軍事力による膨張論は、やがてアジア侵略を進める帝国主義、そして先の大戦へと繋がっていきます。経済的な発展や自由民権運動などの素晴らしい面はあっても、諸手を挙げての明治礼賛はしがたいもの。そうした感覚は、今の天皇陛下がいちばんお持ちであり、今の皇族の方々には行き届いているのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 明治維新は、江戸幕府からの大政奉還により、朝廷に権力が返上されたタイミングでもあり、皇室とも無関係とは言えない。今から50年前の「明治100年記念式典」には、政府からの要請を受け、昭和天皇が香淳皇后とともに出席された。しかし、今回の式典には、両陛下はもちろんのこと、皇族は誰1人として出席されていない。

「実は今年1月29日、両陛下は明治150年について大阪大学の名誉教授からご進講を受けられているので、今年がどのような節目の年であるかは、よくご存じのはず。逆に言えば、よくご存じだからこそ、出席されなかったとも言えます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 天皇陛下は、戦後に誕生した日本国憲法の第一条に定められているとおり、これまで、「象徴」として歩みをすすめられてきた。10月20日、84才の誕生日に際して美智子さまが発表されたお言葉にも、天皇陛下について、

《義務を一つ一つ果たしつつ、次第に国と国民への信頼と敬愛を深めていかれる御様子をお近くで感じとると共に、新憲法で定められた「象徴」(皇太子時代は将来の「象徴」)のお立場をいかに生きるかを模索し続ける御姿を見上げつつ過ごした日々を、今深い感慨と共に思い起こしています》

 と綴った一節がある。

「新しい憲法のもとで新しい役割を果たしてこられた両陛下にとって、大日本帝国憲法の時代に“逆戻り”をするような姿勢は受け入れがたいものでしょう。式典に皇族が出席されていない理由は、そのあたりにあるはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 天皇皇后両陛下、そして、同じ気持ちを抱く皇族方はその日、憲政記念館に近づこうとしなかった。ところが、そこに招かれた要人警備リストの中に、あろうことか、小室さんの名前が刻まれていたというのだから、警備担当者だけでなく、宮内庁や皇室関係者にも、大きな衝撃が走ったことは想像に難くない。

◆安倍首相の式辞と国歌斉唱

 小室さんはなぜ、この式典に招かれたのか。まずは小室さんを支援する法律事務所の担当者に話を聞くと、式典出席や帰国について、「まったく知らないです。小室さんから連絡もない」と話す。事務所代表の奥野善彦弁護士も「知りません」と言う。

 23日、眞子さまが皇居に入られた直後、式典が始まった。国歌斉唱や安倍首相の式辞があり、時間にして30分ほどで終了した。会場の内外ではメディア関係者が小室さんの姿を探したが、ついに小室さんは現れなかった。

「小室さん自身は、その式典の意味合いを知らなかったのかもしれません。しかし、主催者側の関係者に彼を招き、出席を画策した人物がいることは間違いないでしょう。もしも、そんな人たちと小室さんに密接な関係があったとしたら…」(前出・皇室ジャーナリスト)

 皇族や皇族の親戚となれば、近づいて親しくなることによって、その立場を利用しようとする人も少なくないだろう。ましてや、“眞子さまの夫”となれば、“将来の天皇の義兄”でもある。小室さんの立場を、自分の有利なように使おうとする人もいるのではないか。今回の騒動は、そんな危うさを感じさせるものだった。

 置かれた立場についての明確な自覚と、自分を律する強い気持ち。それがなければ、皇族はもちろん、その家族も務まらないのだろう。

※女性セブン2018年11月8日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。