記事

LINEの7─9月期は先行投資で赤字、稼動会員は6四半期ぶり増加


[東京 24日 ロイター] - LINE<3938.T>が24日発表した2018年7─9月期連結決算(国際会計基準)は営業損益が35億円の赤字に転落した。前年同期は58億円の黒字だった。金融サービスなど戦略事業の先行投資が収益を圧迫した。

売上高に当たる売上収益は前年比16.9%増の518億円に拡大した。売上の過半を稼ぎ出す広告は前年比では22.2%増の269億円と大きく伸びたが、4─6月期比ではディスプレイ広告が新プラットフォームへの移行期であることが響き、1.1%減となった。

出澤剛社長は決算説明会でディスプレイ広告について「広告単価が新システムへの移行期間中で低下している」と説明。「年内は同じレベルで推移すると想定しているが、新システムへの移行が進めば再度成長率が高まる」との見通しを示した。新システムの本格稼動は、来年1─3月期を予定している。

一方、減少傾向にあったコミュニケーション・コンテンツなどは前年比では2.1%減となったが、4─6月期比では1.7%増とこのところの減少傾向に歯止めがかかった。

7─9月期の主要4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)の月間アクティブユーザー数は1億6500万人(4─6月期は1億6400万人)と、2017年1─3月期以来6四半期ぶりに増加に転じた。

最終損益は95億円の赤字(前年同期は16億円の黒字)だった。

2018年1─9カ月累計では、売上収益が前年比24.7%増の1512億円、営業利益は同72.4%減の67億円、最終損益は60億円の赤字(前年同期は120億円の黒字)だった。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  2. 2

    資産50億円トレーダーの手口告発

    文春オンライン

  3. 3

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  4. 4

    ジャニー氏の搬送先に中居ら集結

    文春オンライン

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏 自民めぐる発言釈明

    山本太郎

  7. 7

    広告コピーで炎上 呉服店が釈明

    キャリコネニュース

  8. 8

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  10. 10

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。