記事

漫画家をなめてるエセ学者・倉橋耕平

今朝、10月24日の朝日新聞の「耕論」というページで、倉橋耕平という自称・社会学者が『ゴーマニズム宣言』は読者参加型でポピュリズムであり、「真実」を描いていない、「主観」で描いていると、批判している。

生憎だが、わしは膨大な専門家の書籍・歴史資料を基に、「客観」で描いている。
つまり「史料批判」は厳密にやっているということだ。

今日締め切りの『ゴーマニズム宣言』第25章では「歴史修正主義」について描いていて、発売は11月6日になる。
読めば「史料批判」とは何なのかが分かるから、倉橋は読めばいい。

倉橋耕平や他の左翼知識人らが一番問題なのは、小林よしのりが「漫画家」だから、学問をしないと、強烈な「偏見」を持っていることだ。
その権威主義による「偏見」を暴露するために、わしは最初から、名刺に「漫画家」としか書かない。
「思想家」とか、「政治評論家」とか、権威ありそうな肩書きを、わしはわざと書かないのだ。

実際の小林よしのりはというと、書斎の中だけでも、数千冊の本が収容されていて、もう置き場所もなく、リビングにも、食卓にも書物が積み重ねられていて、妻からいつも怒られる事態になっている。

さらに福岡には3LDKのマンションを持っていて、ここも書庫になっているから、まあ、そこいらの学者より本は読んでいるだろう。
少なくとも、確実に言えるのだが、この倉橋耕平よりも、わしの読書量の方が多い。これは確実である。

さらに言うなら、『ゴーマニズム宣言』を支える頭脳は、わしだけではない。
スタッフの時浦もまた膨大な書籍・史料を読んでいる。
『ゴーマニズム宣言』は2人分の頭脳を結集して描いている思想漫画なのだ。
読者参加は、読者にも考えてもらうための手法であって、決して読者の主観的意見に影響されて、ポピュリズムでわしが描いているわけではない。

『ゴーマニズム宣言』は最初から「権威よ死ね」であり、形骸化した権威と、主観的な知識人を批判するために始めた作品であり、西部邁氏がわしを意識した理由は、知識人批判に共感してくれたからである。

若手で今も変わらず、権威主義的で、漫画家に偏見を持つ馬鹿が現れるのだから、わしの使命はまだまだ終わらない。
倉橋くん、少なくとも、わしの読書量を上回ってから、「学者」を名乗った方がいいよ。

あわせて読みたい

「評論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  2. 2

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  3. 3

    NGT事件 女性の主張を茶化す日本

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

  5. 5

    韓国軍の謝罪を許可しない文政権

    AbemaTIMES

  6. 6

    NGT事件 秋元康氏の責任追及せよ

    渡邉裕二

  7. 7

    日本軽視の韓国を大国が見放す日

    MAG2 NEWS

  8. 8

    たけしの労働持論に若者が反論

    キャリコネニュース

  9. 9

    SPAヤレる認定 笑い飛ばせぬ恐怖

    AbemaTIMES

  10. 10

    金に執着したカリスマの賞味期限

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。