記事

ボルトン米大統領補佐官、米選挙に干渉しないようロシアに警告


[モスクワ 23日 ロイター] - ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日、米国の選挙に干渉しないようロシアに警告した。

ボルトン氏は訪問先のモスクワで、2016年米大統領選へのロシアの介入が選挙の結果に大きく影響した証拠はないが、ロシアに対する不信感につながったと述べた。

同氏は22日にラジオ局「モスクワのこだま」に、米ロが利害を共有する問題で合意に至る上で選挙干渉が「大きな障害」になっているとの見方を示した。

ホワイトハウスが公表した発言記録によると、ボルトン氏は「2016年選挙への干渉でロシアが行ったことは選挙に影響する代わりに、米国内でロシアに対する強い不信感を生むことになった、とロシア側に伝えた」と述べた。

また、干渉によってロシアの利益が増進されることはないため、米国の選挙に干渉すべきでないとの立場を伝えたことも明らかにした。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。