記事

マツコ、いじめ探偵への依頼増加に「学校がどこまでやる気があるのか」「悪いことしてる人には何らかの罰則を」

いじめ被害の証拠集めを「探偵」に依頼する人が急増している。10月22日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)では、「いじめ探偵」として活動するT.I.U.総合探偵社の阿部泰尚さん(41歳)が出演し、

「学校にいじめ被害を報告しても、教育委員会に駆け込んでも、何もしてもらえずどこにも救いの手がないから、 僕ら(探偵)に来ている」

と現状を訴えた。

探偵歴18年の阿部さんは、これまで400件を解決に導いている。通常の探偵業務を行いながら、いじめで苦しんでいる生徒や保護者の依頼を受けて、基本的には無償で調査を行っている。(文:okei)

ネットの情報をお金で買い証拠集めすることも「僕らは教育者でも何でもないんで」

画像は番組公式サイトのキャプチャ

阿部さんの元にいじめの調査の依頼が来るようになったのは、14年ほど前からだという。ネットを使った手口の増加によって学校の対応が難しくなったことが背景にある。

調査では張り込みや聞き込みも行う。ただ、学校には入れないため、いじめに遭っている本人に機器を持ち込んでもらい証拠をとることが多い。ICレコーダーやUSBメモリ型のカメラで、「いつ、どこで、誰に、何をされたか」わかるよう、相手の名前や暴力を受けた箇所、金品なら金額など、具体的に口に出してもらい録音することが大事とのこと。

LINEのグループから一人だけ外したり、ツイッターでなりすましたり、裏アカウントを作って誹謗中傷を繰り返すなどのわかりにくいいじめでは、

「僕らは教育者でも何でもないんで、そういった場合は情報でお金を買う手段もとります」

ときっぱり。得た情報を依頼者に提供し、証拠として学校に突きつけ対処させる。第三者だからこそ、綺麗ごとやしがらみ抜きの証拠集めができるのだろう。阿部さんが扱うのは「学校が隠蔽する事案」で、「悪いことをしている」証拠を、被害者側が集めないといけない現状がある。いじめ探偵が必要とされていること自体が、教育現場の限界を顕しているようで残念だ。

専門家は「報告次第では、二次被害が起こる可能性も捨てきれない」と危惧

意見を求められたマツコ・デラックスさんは、「それで証拠を突きつけたとして、どこまで学校が対処・解決できる」と疑問を呈する。「それで学校がちゃんとできるなら、別にあそこまでしなくたって学校がやってるんだと思うのよ。(学校が)どこまでやる気があるのかわからないし」と指摘していたが、確かにその通りだ。

「だからやっぱりある程度その首謀者とその周辺の、線引きは難しいけど、悪いことしている人たちには何らかの罰則があるってしないと、(いじめは)無くなんないと思う」

探偵のいじめ調査には慎重論もある。教育評論家の石川幸夫さんは「調査でわかることもあるが、教育内容、子供たちの心理面、環境を知らないと、調査の報告次第では余計問題をこじらせる。二次被害が起こる可能性も捨てきれません」と危惧する。

だが、番組に登場したもう1社の大手探偵会社は、「需要があるというか(相談が)増えてきちゃったから」として、いじめ調査をビジネスとして捉え、万全の準備を整えていた。IT専門の部署を配置し、ネット掲示板に書き込む人の心理分析、いじめられている子といじめた子、双方へのアフターケアのためカウンセラーも置く念の入れようだ。いじめを隠蔽するような教育機関より、よほど行き届いている。

あわせて読みたい

「マツコ・デラックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  2. 2

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    テレビ自らが放棄する報道の自由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    ロ朝会談は何かをもたらすのか

    ヒロ

  5. 5

    「バイキング」 瀧報道で失速か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    木嶋佳苗は魔性 新潮社員が吐露

    キャリコネニュース

  7. 7

    池袋事故 SNSの削除は罪証隠滅か

    深澤諭史

  8. 8

    努力する目標を無くした安倍政権

    内田樹

  9. 9

    スマホ決済「大盤振る舞い」の訳

    NEWSポストセブン

  10. 10

    東大祝辞=説教 学生の感想に落胆

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。