記事

オリンパス、新たな不正疑惑で「社内弁護士」の実名爆弾告発

2/2

◆メール停止の警告書

 騒動の顛末については榊原弁護士の言葉を借りよう。

「人事部長から『個室で話をしたい』と言われたのは、12月20日でした。私は個室での話し合いには応じられないことと、異動を命じられたA氏に同席してもらうことを告げると、15階のオープンスペースで法務部長も交えて4人で話し合うことになりました。ここなら他の社員にも話し声が聞こえますから」

 15階には法務部や人事部などが集まっている。人事部長らは榊原氏が社員にまでメールを送りつけていることをとがめ、「営業秘密の漏洩ではないか」と詰め寄った。

「それはおかしいですよね。だって、重要なリスクについて社内で情報を共有しようとしているだけなんですから」と反論する榊原氏に対し、法務部長がメールサーバーへのアクセスを禁じる警告書を突きつけた。

「私は頭に血が上ってしまい、『メールを停止するんですよ』と大声を上げてしまいました。オリンパスのシステムでは、メールサーバーへのアクセスを禁じられれば、出退勤の管理や出張費の精算、全社向けの掲示板の閲覧などもできなくなってしまうのです」

 実際にそれ以来メールは停止され、社員として“市民権”を剥奪されたに等しい。その後、法務部長とは、「会話も交わさない絶縁状態になっており、やりとりの一切が証拠として残るように書面を介するようになりました」(榊原氏)という。

 榊原氏は色白で痩身の30歳だ。理知的な顔立ちだが、笑顔は優しい。しかし年末年始を挟んで、大人しげな容貌からは想像がつかないほど行動を飛躍させた。2018年の年明け早々、オリンパスと法務部長、人事部長を相手取って、パワハラと公益通報者保護法違反で東京地裁に訴えを起こしたのだ。さらに追加でバックオフィス部門の担当役員も訴えている。

 これに対してオリンパスは4月11日、榊原氏に自宅謹慎の懲戒処分を下した。裁判は今も東京地裁で係争中だ。

 この事態に際して、社外取締役・監査役を含むオリンパス経営陣はどう対応したのだろうか。特に社外取締役は企業統治の要であり、その究極的な役割は「いざという時に社長に引導を渡すこと」とされる。通知書を受け取って問題を把握した以上、社外取締役として注意義務が発生する。

 通知書を送付した当時のオリンパスの社外取締役は6人おり、いずれも出身企業では会長や社長などを務めてきた錚々たるメンバーだ。

 そのなかで榊原氏らが「バランス感覚に優れている」として頼りにしたのが、損失隠し事件直後から社外取締役に就いた、伊藤忠商事相談役の藤田純孝氏だった。

「藤田さんには、面会にも応じていただき、最初は熱心に相談に乗ってくれていましたが、いざ深セン問題を報告する取締役会では積極的に発言しようとはしなかった。笹宏行社長は社外取締役に頭が上がらない様子だから期待していたのですが……」

 では、この異常事態をオリンパス社員はどう見ていたのか。

「メールで励ましてくれる人もいれば、たまたま乗り合わせたエレベータの中で『会社が良くなってくれれば……』と声をかけてくれる人もいました。人事部長に掛け合ってくれた人も」

◆「取締役会番外編」の極秘資料

 そうした社員から送られたものなのか、A4用紙4枚の内部資料が筆者のもとに届いた。作成日は昨年12月22日、メール停止通告の2日後だ。

 表題には「取締役会番外編」と記され、「マル秘」の印が押してある。取締役会に番外編があるとはそれだけでも驚きだが、その中身は深センからの電撃的な完全撤退を目論んで作成されたもの。中国人従業員の反発を招かないように、彼らの目をごまかすための「表計画」と、外部には決して明かさずに水面下で遂行する「裏計画」の2種類が進んでいることを取締役会で説明する内容だった。

 深セン問題の舞台そのものを潰してしまおうということか。投資家への情報開示上も問題のある内容だ。榊原氏も「初めて見た」という極秘資料だった。

 オリンパスでは深セン問題に関わる社員に対して、秘密保持の誓約書まで書かせているにもかかわらず、番外編の資料が流出したのだ。オリンパスがすでに会社として求心力を失いつつあることの証左だろう。

 深セン問題はオリンパスが確固とした自信を持って対処した結果なのか、それとも損失隠し事件のときと同じように社員らの人間の弱さに起因する問題なのか。

 オリンパスは榊原氏の告発について、「係属中の訴訟に関することですので、詳細な回答は控えさせていただきます」(広報・IR部)と答えた。榊原氏は言う。

「贈賄疑惑の発端は在庫の問題で、単なるミスが原因だと思います。しかしオリンパスには現実や過ちを受け入れる胆力がなく、嘘に嘘を重ねることになってしまいました。しかも社内の理屈だけで動いてしまうから、みんな嫌気がさして辞めていってしまう」

 榊原氏が生活の安定を棒に振るリスクを負ってまで真相を追及するのはなぜか。

「一般の弁護士をしていた私がオリンパスに入社したのが2016年6月。すぐに会社を辞めてしまえば『あの人は腰掛け的で落ち着かない人なんだ』と思われてしまう。それなら深センの問題は最後までやり抜こうと。それに、声を上げたくても上げられない人が社内にはいる。その人たちの分もという思いはあります」

 人が理性では抑えきれない激しい情念を燃やすのは、その眼前に世の不条理が立ちふさがったときだろう。榊原氏の情念は組織の論理を打ち破ることができるだろうか。

※週刊ポスト2018年11月2日号

あわせて読みたい

「オリンパス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  7. 7

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。