記事

引退表明の福原愛 栄光に導いた母・千代さんの“反省”


卓球の福原愛選手(29)が10月21日、自身のブログを更新。「私は選手としての立場を、ここで一区切りつけることを決意しました」と第一線から退くことを報告した。

福原は「3歳から卓球を始め、約26年の間、多くのことを学ばせていただきました」と明かし、「何度もやめようかと考えたことはありましたが、一度も卓球を嫌いになることはありませんでした」とその卓球人生を回想した。

さらに「そんな風に思えるものと出会わせてくれた母と兄に感謝の気持ちでいっぱいです」と家族への感謝の気持ちを述べている。

女子団体で16年のリオ五輪に出場し、銅メダルを獲得したことも記憶に新しい福原。世界卓球選手権やワールドカップでも、数々の輝かしい功績を残している。

指導は幼少期から母・千代さんによるもので、ときにその厳しい指導ぶりがメディアに映し出されることもあった。一見、“鬼ママ”のようでもあるが――。

「むしろその逆で、千代さんは愛ちゃんにとって一番の良き理解者です。千代さんはもともと実業団の卓球選手。ですからプレイヤーとしての気持ちもわかる指導者なんですよ。また千代さんは愛ちゃんの指導に時間を割いていたため、家事は夜遅い時間に回していました。睡眠時間を削ることで、まさに身を粉にして母と指導者の“二足のわらじ”に徹してきたのです」(スポーツ紙記者)

7歳のころにはすでに大会タイトルを総ナメ。”天才少女”とも謳われた福原だが、公式戦に出場したばかりの4歳当時は連敗に泣き続けたという。

「千代さんはそんな愛ちゃんを見かねて『卓球をやめましょう』と何度も声をかけたそうです。しかし愛ちゃんは『やめない』と頑なに譲らなかった。その熱意に千代さんの心は動き、結果こん日まで寄り添い続けてきました。まさに栄光は、二人三脚で掴んできたのです」(千代さんの知人)

そんな福原を導いてきた千代さんだが、実は反省していることがあるという。本誌07年2月20日号でこう明かしている。

「小さいころから遅い時間まで愛を練習させていたので、睡眠時間が減ってしまったのではないかと。愛の背が高くならないのは、そのせいかしら……」

各スポーツ紙によると、福原は今回の発表に関する会見を23日にひらくという。母への思いも明かされるかもしれない。

あわせて読みたい

「福原愛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。