記事

なぜ?日本のお土産ランクに「佐賀の日本酒」が入った納得の理由

cornfield / Shutterstock.com

訪日外国人向けの「日本のお土産ランキング」のTOP10に「佐賀県の日本酒」が入っていることをご存知でしょうか。なぜ日本酒で有名なわけでもない佐賀県がランクに入ったのか? 今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では、著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、町おこしについて興味深い話を紹介しています。

なぜか佐賀県

「日本のお土産ランキング」というデータがあります。その中に、不思議と言っては失礼ですが、「なぜ?」と思うものが入っています。

第10位:「佐賀県の日本酒」

佐賀? 日本酒? まったく聞いたことがありません。日本酒好きな人なら知っているのかもしれませんが、一般的には無名なのではないでしょうか。なぜ、ランキングに入っているのでしょうか。「日本の~」となっているので、対象は訪日外国人です。佐賀県に外国人が増え、いまや世界的になった日本酒をお土産に買っているというのです。

そこで、さらなる疑問が。なぜ、佐賀に外国人?

飛行機の「台湾=佐賀」便が就航したからです。ただ、それだけのこと。空路ができたから外国人が増え、街が賑わったのです。「路(みち)」の確保は、街おこしにとって、非常に重要だということがわかりますね。

飲み屋巡り

スペイン・バスク地方の街「サンセバスチャン」をご存知でしょうか。景色の美しい海沿いの街として、観光地となっています。特に夏には多くの人びとが押し寄せ、非常に賑わっています。

しかし、この地は別のことで、“超”がつくほど有名になっています。『バル巡りの聖地』とも言われるほど、バル(酒場)が多いことで知られています。このバルを目当てに人びとが集まって来るのです。

立ち飲みが多いので、気軽に入ることができ、ワインなどを飲みながら、タパス・ピンチョスと呼ばれる、安い料理を1つ2つだけ頼み、会話を楽しむのです。それが終わると、次のお店に行き、また同じように飲み食いします。つまり、何軒もハシゴをするのです。これがひとつの文化となって、この地方に定着し、世界中から人びとが集まるほど、人気の場所となったのです。

飲み屋さん巡りが観光資源となっている地方は、珍しいのではないでしょうか。それだけ「食」には、人びとを惹きつける魅力があるのです。これなら、観光資源がないと嘆いている地方でも、創り出すことはできるはずです。

あわせて読みたい

「佐賀」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  6. 6

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  7. 7

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  8. 8

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  9. 9

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

  10. 10

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。